最近のトラックバック

トップページ | 西おたふく山 »

初記事

記念すべき初記事。

誰が読んでくれるかわからないが、わが趣味 ランニング、キャンプ、たまに歴史、ブルーグラス、フォークソングのことなど書いていくつもり。

昨日、今日と仕事で野洲へ行く。

帰りに時間作って草津にて寄道。

草津は以前に野洲に泊り込みで出張していた時、一度走って訪れた町。

草津は東海道と中山道の分岐点になる為非常に栄えた宿場である。

旧東海道草津宿であった付近は今でもその名残を感じられる町並みを残している。

Dscn2895_3

これはその分かれ道の道標。

そしてこのすぐそばに本陣がある。

Dscn2898_3 旧草津宿には本陣田中七佐衛門、本陣田中九蔵の二軒の本陣と二軒の脇本陣、及び七十軒余りの旅籠があったらしい。

現在は本陣田中七佐衛門のみが残り、国指定史跡として保護され一般にも公開されている。

さらに東海道を少し京都方面へ向うと草津宿街道交流館がある。

Dscn2901_2

ここでは往時の宿の町並みや賑わいを再現してくれている。

Dscn2902

Dscn2904 さらに進むと太田酒造(株)という看板。

この太田酒造は"道灌"という酒を作っており、神戸のわが家の近くに営業所もあって私も好きな酒のひとつでもある。

ちなみに、この太田道灌という人物は室町時代末期、関東管領扇ケ谷上杉家の家老としてあの江戸城を築城した人物である。ただこのときの江戸城は、今の姿からは想像もできないような砦でしかなかったとは思うが。そしてこの江戸城は北条氏、そして徳川氏へと引き継がれていく。

この太田氏が徳川家光の時代に草津に移り住み代々関守の役目を務め、その子孫が造り酒屋を始めて今にまで続いているようだ。

今度来た時は、神社、寺社めぐりもしたいなぁ。

"道灌"を飲みたくなった。今日はこのへんで・・・。

トップページ | 西おたふく山 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/15898608

この記事へのトラックバック一覧です: 初記事:

トップページ | 西おたふく山 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ