最近のトラックバック

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

摩耶山から

今日も六甲山

スタートは王子公園、五鬼城20070820_222828407 展望公園からの眺め。

           

上野道から登っていくと旧天上寺跡の手前に建つ仁王門

20070820_223103094_2

                  

旧天上寺は元々山岳信仰の霊場、空海により真言密教

が伝来すると少し西にある再度山大龍寺とともにさかんに

信仰された。

20070820_224517188_2

しかし昭和51年火事により焼失、天上寺は

北へ700mの元摩耶に移り、ここは現在史跡公園になっている。

              

                             

さらに摩耶山へと登る。

掬星台からアゴニー坂、自然の家、丁字ヶ辻を過ぎ、

六甲山ホテルの前でなんとT姐さんと遭遇。

宝塚から逆縦走をやってるそうな。ほとんど歩きとのこと。

さらに記念碑台、神戸ゴルフ、ガーデンテラスで一服。

今日は西おたふく山から下りよう。

20070820_225401188

トレイルらしい道。

住吉道、黒五谷、打越峠、八幡谷、岡本と下りていった

が、今日は湿度が高く、バテバテでした。お疲れさん。

カクレハ高原キャンプ場

2007.8.12~15

岐阜県飛騨高山の近くのカクレハ高原キャンプ場にて3泊4日。

ここは秀峰乗鞍の岐阜県側のふもとに位置する標高950メートルのキャンプ場。

今はやりの、給水、電源完備の団地みたいな区画されたキャンプ場と違い、自然の地形

そのままに、作られている。そして何よりもいいのは、キャンプ場を貫いて川が流れている

こと。キャンプ場のトラブルで一番多いのが隣の、または周囲の声、音。

ここではかなりの水量で川が流れているために真夜中でも少々のもの音は気になりま

ん。

もちろん子供たちにとってもそばに川があるのは文句なしのロケーション。20070816_222439266

20070816_222546454

20070816_222639766 20070816_222720001 20070816_222813797

トイレ・・・水洗で清潔

20070816_222859422

炊事棟

20070816_222932594

風呂棟

20070816_223020251

今回のサイト。

キャンプ場全体としては、かなり混んでいたが

まあまあのところへ設営。

木陰もあり。ゆったりと過ごせた。

一日目は、移動とサイト設営、晩飯は、定番バーベキュー。

二日目は、一日キャンプ場でのんびり。わん公2匹と遊び、読書に昼寝。

    朝食;フレンチトースト、チーズ、ビアソーセージ、地元のきゅうり

    昼食;山の水でしめた茶そば、バーベキューの残りの肉を甘辛く玉ネギと炒める。

    夕食;鍋(水だき)、地酒がうまい。      

三日目は、世界遺産「白川郷」へ。

20070816_223146219 20070816_223253985

20070816_223333751

展望台より。

温泉に寄った後、キャンプ場へ戻って夕食。

ダッヂオーブン料理の予定だったが、遅くなってしまったので、炭起こして、炉端料理。

四日目は

    朝食;ピザトースト、地元のトマト、きゅうり

    テント撤収

20070816_223407594 さるぼぼ:昔飛騨のおばあちゃんが、子供たちのために、

       ありあわせの布で作ったおもちゃ。

帰り道はお土産を買いながらさしたる渋滞も無く、神戸まで帰着。お疲れさんでした。

六甲山マラニック

六甲マラニック。

マラニック組9名、ハイキング組3名で阪急岡本駅スタート。

山行きはいつも一人だが、今日は仲間がいっぱい。

こういうのもいいもんだ。うだうだ言いながら保久良山へさしかかると、

こんなんがうろうろ。

20070816_211155626

ここ保久良神社はかなり古い神社のようで周りに点在する巨石は祭石と考えられており弥生時代からのものらしい。

また鳥居の前の灯篭は「灘のひとつ火」として、古来より海上を往来する船の目印となってきた。

ここ東灘区はイノシシが結構街中まで下りてくる。川の中を下りてくるのだが、

街中でイノシシが寝そべっていると何度見てもぎょっとする。

さらに金鳥山、風吹岩、雨ヶ峠と登っていく。

20070816_211241860 この道は魚屋道といって明治時代まで浜で取れた魚を

有馬まで運んだ歴史ある道。

最高峰到着。海抜931.3メートル

20070816_211348485 この辺りは、米軍のレーダー施設があり、立ち入り禁止

だったところ。

さあこの辺から走ろうか。ハイキング組と別れ、山上道路を西へ。

ガーデンテラスから記念碑台へ。

ここは六甲山開山の祖、グルーム氏の銅像などがある。

軽井沢の大正池に似ているといわれる穂高湖を経て、シェール道から徳川道へ。

生麦事件のようなことがおこるのを恐れた徳川幕府が西国街道の迂回路として作った

道。

川と二十回交差しているというトゥエンティークロスをとおり、市ヶ原で一服。

ここは山の幸と海の幸を物々交換した市が開かれたところ。

さらに世界に名を売った神戸の水を湛える布引貯水池を横目に新神戸駅へ下りる。

走行距離 22.75キロ

沿面距離 23.16キロ

累積標高 1620メートル。

二宮温泉で汗を流した後、三宮にて給水パーティ。

楽しい一日でした。

長岡京

長岡京。

桓武天皇が、平城京から平安京へ遷都する前に一時都を置いたところ。

恵解山古墳(国指定史跡、五世紀中ごろの巨大な前方後円墳)や弘法大師ゆかりの勝龍寺など見所は多いが時間も無いので駅近くの長岡天満宮へ寄る。

ここ長岡は、菅原道真公が在原業平らとともに詩歌管弦を楽しんだゆかり深いところ。

公が大宰府へ左遷された時、この地に立ち寄り名残を惜しみ、「わが魂長くこの地にとどまるべし」と言われた縁故によって公自作の木像を祀ったのがこの神社の創立だそうだ。

Dscn3217_2  清廉潔白、至誠一貫、この言葉のままに生きた公の前

 ではわが身の小ささを感じずにはいられない。

 要領よく生きることばかりを考えてはいないか。

Dscn3219_2

御廟表塚古墳

なかもずへ行ったので近くにあった古墳を訪ねてみた。

20070804_93014172_2 西高野街道というのだそう。                                                                                                                                            

                              

                                 

                                 

    

御廟表塚古墳という説明。誰の墓とか、いわれについての説明は一切無し。

チョット残念。この辺りは古墳だらけだし、わからない古墳がいっぱいあるのかな。                             20070804_93033876

前方後円墳らしいが見かけは円墳にしか見えない。5世紀後半というから

古墳時代真っ只中。倭の五王の時代ぐらいかな。

20070804_93048110

親鸞聖人が・・・

野洲出張のとき現場のそばにあったお寺、錦織寺。20070802_72234776_2 浄土真宗木辺派の本山20070802_72051698_2

真宗といえば西本願寺派、大谷派が有名だがそのほかに8派、全部で10派有るらしい。

ふと訪れたこのようなお寺が親鸞聖人ゆかりの名刹だとは・・。

旅先、出張先でこういうのを見つけると、何か得した気分。

仕事はつらかったけどこんなこともなけりゃね。

20070802_72337698_3

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ