最近のトラックバック

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

残りをやっつけろ

先週の六甲縦走路の残り部分をやっつけてきた。

初めての塩屋スタート。

塩屋は昔よく釣りに来たことがあるが、山側へ出るのは

初めて。地図があった。

20070929_164808266

とりあえず目標は毘沙門堂のようだ。

20070929_164428188_2

毘沙門天、多聞天とも呼ばれるこの仏さん、仏教で言う天部の四天王

の一尊。独尊として安置されるときは毘沙門天と呼ばれるそうな。

大河ドラマでGacktが演ってる上杉謙信はおのれを毘沙門天の

生まれ変わりと信じていたそうで、戦での強さを求めるために、

毘沙門天に生涯女性との関係を持たないという誓いをしたと

言われている。だから忠臣蔵で出てくる吉良上野介につながる

上杉家はたしか謙信のいとこの家系だったと思う。うろおぼえ・・・。

それはさておき六甲の道程は、(童貞じゃないよ)須磨裏公園からの道に

合流し、順調に進む。

旗振山、鉄拐山、高倉台か栂尾山、ここの階段はいつ来ても腹が立つ。

何で階段やねん。

横尾山から須磨アルプス、今日は小学校低学年くらいの

兄弟がお父さんに連れられて、わいわい、ぎゃぁぎゃぁ言いながら、

すれ違っていきました。がんばりやぁ。

妙法寺から高取山、鵯越駅まで来てここで終える事も考えましたが、

ちょっともの足りなさすぎなので、菊水山、鍋蓋山を越え、大龍寺へ。

再度山大龍寺。

20070929_164549860

ここまで来るのは初めて。

20070929_164456969_2

弘法大師は唐へ渡る前にこの山で修行をしていたらしい。

そして唐から帰った後に再びこの山へ登ったことからこの

名がついたそうな。

ちなみに大龍寺は8世紀に和気清麻呂が建立したとのこと。

摩耶山天上寺とともに真言宗の名刹として信仰を集めてる。

20070929_164606907

仁王さんもいます。

これは鎌倉時代以降かな。

大龍寺からはお大師道を通り元町へ下りる。

この道は森林浴コースと呼ばれているとおり、気持ちのいい道。

20070929_164632188

こんな道が続きます。

なんかミニお遍路みたいになってしまった。

四国お遍路マラニックもそろそろやりださないと。

熊野古道マラニックもあるし、課題が多いなぁ。

諏訪山神社横を抜け、元町まで下り、花隈駅近くのつかさ

湯で湯浴みの後、知る人ぞ知る台湾料理の丸玉食堂で、

名物腸詰を肴に生大2杯。

ぷは~っ。

お疲れさん。

そろそろ・・・

いい季節になってきた。

そろそろマラソンの練習量を増やさないとと思いつつ、

気持ち良さにかまけてついつい足は山へ向ってしまっている

今日この頃。

今日は朝錬で芦屋浜へ向う。

JR本山付近から芦屋川へ突当り南下、芦屋浜沿いを宮川へ。

北上して御影鳴尾線で折り返し、対岸を南下して再び浜沿いを

夙川手前まで行き引き返して同じ道を帰る。

平日のランニングのメインコース15km。

芦屋浜は足元に1kmごとの表示があり、ビルドアップ、

インターバル練習などきっちり計測もできるし、

もちろんペース走などにもいい。

1往復8km取れるので周回のつらさもあんまり感じないですみます。

付近には芦屋海洋体育館がありランニングしている横では

ヨット、カヌー、水上スキーなどのマリンスポーツが盛んです。

(今日はカメラもっていなかったので写真はないですが)

ここはレンタルもあってジャンもディンギー

(1~2人乗りの小型のヨット)を借りてよく乗っていました。

ランニング始めてからはとんと乗っていませんが。

何の音もなく船が進んでいくというのはいいもんですよ。

なんかまた乗りたくなってきた。

この季節適当に風が吹き、船が気持ちよく走るんです。

ともあれそろそろ走り込みの距離を伸ばそう。

宝塚から縦走路

連休の中日、楽ランのイベントで六甲全山縦走路を宝塚から

須磨へ向かう。

スミレの花咲く頃~♪

 マンホールにも・・・。                                                                      

20070924_102706922     

                              

20070924_91617360_2

今日は歩き。 

                                               

                                                  

       20070924_103411438                                                                                       

秋ですね。

                                                                                                     

                                                         20070924_105100032                                              

歩きだからここでカレーを食べても

良かったかな。

ついでにビールも?                                         

                                                                                                                                                                                                 20070924_102954251_3 

大龍寺を越えてしばらく行くとメリケンパークあたりが見えた。

ん? 枝が走ってるー。  

                                               

20070924_103130907_2

鍋蓋山から残りの縦走路の山々。                                                                                              

最後までは行けないなぁ。 

                                              

20070924_103448344_2

菊水山を下りて本日は終了。

11時間約37kmでした。

                                                      

                                                                                                                                 

風呂屋を探してすこしうろうろしましたが、

いつものように乾杯。

何でビールはこんなにうまい。

皆様お疲れ様でした。

連休は・・・

連休はどっぷり休むわけにも行かず、仕事したり、走ったり、山へ行ったり。

土曜日は朝から仕事した後、山用品の買い物。

晩方から芦屋で行われているリレーフォーライフイン芦屋を

ランニングがてらのぞいて見る。キャンドルの明かりがおごそかに、

美しく、不思議な世界を作っていた。癌患者支援のランとウォークの

大会。いろんな思いを持って参加しているんだろうなぁ。

さて、日曜日は万博記念公園で行われたEKIDENカーニバル大阪に参加。

20070918_222120391   

雨模様の天気予報にもかかわらず、ドピーカン。

暑くて、暑くて、駅伝の最中も救急車が休む暇なし。

担架も足りないくらいにあっちこっちで選手が倒れまくり。

20070918_222129282   

こんなんでもないとのぼせそう。

仲間ともども事故も無く走り終えた。

たいした順位ではないけど楽しい駅伝のあとは

お決まりの給水宴会。

汗をかいた分、ビールがうまい。

そして月曜日、昼から仕事の予定で午前中、山へ。

今日は通ったことの無い道を行ってみよう。

阪急六甲から六甲登山口交差点を通り、長峰山を目指す。

20070918_221134891   

山道に入る前からすごい坂。

山道へ入っても急な坂が続く。この辺りの登山道は、

どこも厳しい坂が多いなあ。

といいつつ長峰山頂上の天狗塚。

20070918_221251344  

足を消耗しつつ山上道路へ出る位の高度になると

雲の中に入ってしまい、風と雨の洗礼。

気持ちがめげてきて、カレーでも食って、ケーブルで

下りようかなどと考えつつ神戸ゴルフクラブあたりまで来ると

天狗岩南尾根を経て渦が森という標識を発見、

ここも初めての道だったので、気をとり直し走り出す。

尾根道なので明るくていい感じ。

20070918_221319251 20070918_221329844   

快調に飛ばすもやはりだんだん急な下り道となる。

ここも登るときはつらそうだ。

渦が森のバス停へでて住吉川沿いに下りて終了。

山上で天候が変わると寒くなってきた。

そろそろ衣替えか。

姫路

所用があり、母校へ。

姫路の書写にある姫路工業大学、現在は兵庫県立大学と名前も変わり総合大学になっ

ています。

20070915_10307016 機械工学科と応用化学科の建物

ここで6年過ごしました。(院ではないけど・・・?)

懐かしい。

姫路の町からお城を見る。

20070915_10336579

相変わらず美しいお城です。やっぱり優美さでは一番ですね。

大阪夏の陣で淀殿と秀頼はお城と運命をともにしましたが千姫は

後に本多忠刻に再嫁して本多家とともにこのお城に来ています。

千姫は秀頼とも忠刻とも仲睦まじく、穏和な優しい女性だったようです。

時代に翻弄された戦国の女性だったということかな。

しかし、世界遺産になると外人さんの観光客が増えるようですね。

南海高野線堺東駅

堺東に来た。

例によって駅の地図を見ると、反正天皇陵がある。

第十六代仁徳天皇の次の次の天皇である。(皇統譜による)

さっそく行ってみた。が、やっぱり天皇陵は全然近づけない。

宮内庁さん、天皇陵ももっと学術的な調査を行って、その後、

史跡公園みたいにしてくれませんか。倭の五王として中国の歴史書との

くいちがいから色々な説のある反正天皇であるが、もし天皇陵の調査

みたいな事が行われれば、ある結論がでるかもしれないしね。

などと思いつつ、すぐそばにあった方違神社をのぞいてみた。

20070907_230024188 20070907_230042063

祭神はもともとは住吉大神、後に素盞嗚命、三筒男神及び

神功皇后を合祀、方違大依羅神と号す、とのこと。

大阪湾沿いの国々の神社はほとんどが住吉さんと神宮皇后の

いわれが多いね。

まったく話は変わりますが、秋の夜長、こんな本は

いかがでしょうか。

20070907_230105032

大正から昭和にかけて生きた偉大な登山家、加藤文太郎を

新田次郎が小説とした。

兵庫県の浜坂で生まれた文太郎は神戸の造船所で働きながら、

六甲山を、歩き回る。まだ道も整備されていない全山縦走に、

とんでもない逸話を残しながら、信州へそしてヒマラヤへと、

成長していく。

山岳小説としては著名な本ですが読んでない方は一度どうぞ。

東六甲

子供たちにパソコンを占領されブログの更新もままなりません。

そろそろ家庭内ランを組まなければあかんのかなぁ。

ところで日曜日のラン・・・、

ラン違いですが、仕事で先週も行けなかった六甲へ。

今回はBさんのお誘いもあったので二人行。

コースは岡本八幡谷から雨が峠、一軒茶屋から

東へ向かい宝塚まで19キロの道程。

世陸の女子マラソンを気にしつつ、山行。

ぜぇぜぇ言いながら一軒茶屋まで約二時間。

一説によると、阪急芦屋川から最高峰までの登山スピードで

山の実力がわかるらしい。一時間半以内というのは、

それこそ世界の何千メートル級の山へもいけるそうな。

二時間はほぼ日本の山々はどこでもいけるらしい。

今度いっぺん挑戦して見よう。

二週間ぶりの六甲山はずいぶん秋模様。

栗の実がずいぶん落ちているし、一服していると

寒さを感じるようになって来た。

そろそろスズメバチが飛び交います。毎年被害がでています。

ハチは決して払わないように。最初の一匹には刺されてもいいよ、

ぐらいの気持ちでいたほうがいいみたいですね。

仲間を呼んで来られて仕返しされるよりは・・・。

快調に気持ちの良い東六甲のトレイルです。

20070904_221345563

Bさん、何を見てるの?

20070904_221409235

20070904_221421813そろそろ宝塚の街並みが・・・。

塩尾寺からの難所坂を下って宝塚温泉へ。

安藤忠雄設計そのままのお風呂ですね。

20070904_221439985

気持ちのいいお風呂でした。

ただBさんに事故が・・・。

赤湯に入っているときにお湯の中の段差に気がつかず、

足指をしこたまぶつけ、つめを割ってしまいました。

お大事にしてください。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ