最近のトラックバック

« 六甲全山縦走 | トップページ | ルミナリエ »

ブルーグラスミュージック

大好きな音楽”ブルーグラスミュージック”

学生時代にひょんな事から首を突っ込み、社会人になっても

しばらくこの音楽のバンドでバンジョーを弾いていた。

最近はもっぱら聞くほうが多いが、たまには楽器を引張りだして

子供たちに「うるさい」、「テレビが聞こえん」、「向こうでやって」、

等々罵声をあびながら弾いている。

そんなブルーグラスについて。

現在のジャンルで括ると、カントリーミュージックに属するが、

源流はイギリスのアイルランドやスコットランドからの流れと

アフリカの黒人音楽からの流れが融合してアメリカ

アパラチアン山脈に伝わり、マウンテンミュージックと

呼ばれ、弾き歌われてきていた。

それが1940年ごろから、スタイルが変わり始め、

もともとあったフィドル(バイオリン)、ギターに、バンジョーや、

フラットマンドリン(裏面が丸くなく平たいマンドリン)、そして

ベースを加えてやりだしたバンド、”ブルーグラスボーイズ”

が登場し、その楽器編成や演奏方法の斬新さゆえに、

彼らのバンド名がそのまま音楽のジャンル名になって

しまった。当時のメンバー、フラットマンドリンの

ビル モンロー、バンジョーのアール スクラッグス、

ギターのレスター フラット、フィドルのチャビー ワイズ

といった人たちは、ブルーグラスをやる人間にとっては

もう神様というしかない。

ブルーグラスはアメリカ以外では日本でもっとも聞かれて

いるそうで、昔から名プレーヤー、名バンドを輩出している。

しかしその楽器編成と演奏スタイルが、ブルーグラスである

ことの条件であるという性質上、なかなかメジャーには、

なりにくい音楽であるが、その中でも何とかそれを広めて

くれたのが、高石ともやとナターシャセブンで、日本語の

歌詞をつけて、わかりやすく歌っている。

それがブルーグラスかどうかは、別としてその世界への

入門編であることは確かだと思う。

さてこの音楽でいちばん有名な曲はというと、

”フォギーマウンテンブレイクダウン”

1967年の映画「俺たちに明日はない」

ボニーとクライドの物語の主題歌といえばわかるかな。

有名なギャング映画だが、逃走シーンに忙しいバンジョー

の音がよくあっていた。

もうひとつ、”じゃじゃ馬億万長者”

こちらはテレビドラマのテーマソング。

この2曲はどちらもブルーグラスボーイズにいたレスター

フラットとアール スクラッグスが新しく結成した、

フォギーマウンテンボーイズが演奏している。

現在ではここまで有名になることはないと思うが、

アメリカでも、日本でもその人気は根強く続いている。

日本では箱根と宝塚で年に一度大きなフェスが開かれ、

4,5日間キャンプしながらブルーグラス三昧の時を楽しむ。

Scan20004 

出番を待ってステージ横で待つ姿

すんません、大昔の写真です。

                                  

ステージで演奏したり、他のグループの演奏を聞いたり、

またぜんぜん知らない人とジャムセッションをやったり、

文字通り、年に一度のお祭りである。

この頃はこっちのほうもご無沙汰だなぁ。

久しぶりにキャンプがてら、行ってみるかな。

ちなみに私がキャンプをやりだしたのも、

このフェスがきっかけ。

Scan20003

ついでに古い写真をもう少し。

活動していたライブハウスにて。

Scan20005

                                 

                                  

少しだけブルーグラスミュージックの紹介でした。

« 六甲全山縦走 | トップページ | ルミナリエ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

あ!このバンジョー!この前に見た物とそっくり~!
弾いている人はもしかして・・・・ジャンさん???

なんか見ていたらビートルズ世代を思いますよ~☆
実は私は世代遅れのビートルズファンでした。
楽器を弾けたら素晴らしいなと思いますが、今からやったら未だ間に合う?!

バイオリンも見惚れますがやっぱりギターでしょうか。
個人的にはスパニッシュサウンドが好きなんですけど。

きんちゃん
そうです、バンジョーを弾いているのは25歳のジャンです。カッコいいでしょ。
私は不思議なことにビートルズにもローリングストーンズにも反応せずにこの音楽にのめりこんでしまいました。楽器を始めるのに早い遅いはないと思いますよ。スパニッシュということはフラメンコギターですか、いいですね、姐さんにフラメンコを踊ってもらいましょうか。

25歳!!
そんな時代あったんですね。いや失礼 m(_|_)m
モテたでしょ?

そうですか・・・私も何かはじめてみますわ。
私はスペイン語を勉強していて語学よりも中米の音楽が好きになってよく一人口ずさんでいるんですよ。 

オッレ~~!

音楽の世界は「カラオケ」位しか交わった事のない自分なので何とも言えないのですが、いい雰囲気の写真には興味シンシンです。
25歳当時の写真ですか。面影がありますよねェ。
是非当時を思い出しつつ、腕前を披露してくださいよぉ。来年の楽ラン新年会で如何でしょうか?

走るミュージシャン仲間ってことで、来年の鶴見緑地8時間耐久マラソンでは、ともやさんの隣りで8時間一緒にバンジョー引き続けて下さい!

>25歳の写真
次回の会議で皆で持ち寄りましょか。
盛り上がりますよ~。

すごい昔の写真だ!
みんな若い顔してる!

きんちゃん
実はこの頃、フォルクローレに少し興味を持っています。南米ですけど・・。基本的に民俗音楽に
何かが反応するようです。
"コンドルは飛んでゆく"かな。

たっくん
さすがにバンジョーはずっと弾いていないとあの指の動きはなかなか維持できません。
ギターを弾いてフォークソングぐらいにしてもらえませんか。

tacocoさん
何しか8時間ありますもんねぇ。
みんなでいろんなことやりましょうよ。
姐さんも三線持ってきてくださいよ。
ボガさんと三人でユニット、忘れてませんでぇ。

kozy
大昔の写真をスキャナーして見ました。
結構使えるもんですね。

いい感じですよね。
もともとロック出身ですけどバンジョーやドブロにも興味津々なのですが....
当方、EG,AG,B,Dr,P,三線,ウクレレあります。

>25歳の写真
う~ん...実を言うと26才頃の写真を財布に入れて持ち歩いています。
ネバーあり得ない写真なので。

ロックやってた26歳の時の写真、ビジュアル系ですか?きっとすごい写真なんでしょうね。
一度見せてください。

ブルーグラスでこのblogにたどりつきました。
ブルーグラスバンドを始めたばかりのshinoと申します。はじめまして。
先日宝塚のフェスに行きました!
いつかフェスでお会いできたらいいですね!

今週末、三田でLiveします。

shinoさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
私の抜けた後もそのバンドは続いていまして、宝塚も毎年出ています。夏のフェスは行くには行っていたみたいですがバンドとして演奏はしなかったようです。ライブハウスやイベントなどで活躍しています。春にそのバンド中心に友人たちで集まって私的なフェスというか、宴会というか、キャンプというか、夏のフェスと同じ所で騒いでいます。三田にライブハウスがあるんですね。
ぜひお邪魔してみたいです。

お返事ありがとうございます。
http://shinoandbeans.web.fc2.com/
こちらにライブのご案内のせています(^^

私、丹有地区の生まれで、今は京都在住ですが、三田とか宝塚とか六甲とか、とても懐かしいです!
三田のブルーグラスナイトには定期的に参加しますので、またご都合があえば是非いらしてください。

初めまして、ブルーグラスを調べていてここに辿り着きました。
私の義父がその昔ブルーグラスのバンド?トリオ?を組んでいました。(40年くらい前ですかね。芦屋にて)
それで、このブログの話をしたら一度お店(夢民)に行ってみたいなっと言って是非連絡をとってくれと言われコメントしています。(楽器持参で行くそうです)
ごらんの通り人生初のコメント記入で緊張しています・・・。

ご連絡頂ければ嬉しく思います。
よろしくお願いします。

ishidaさん
人生初、勇気をふりしぼってのコメントありがとうございます。芦屋にお住まいなんでしょうか?40年前にやっておられたのなら少し先輩ですね、というか日本のブルーグラスのパイオニア世代ですね。
きっとBruegrass45とかもご存知なんでしょう。
ところで”夢民”ですが、JR摂津本山駅の北の突き当たりにあったんですが、ずいぶん前に閉店しています。
今は”City Lights”というカントリーのお店になっています。
ただ”Bluegrass Time Service”というバンドは今も活動しています。
詳しい日程なんかは知らないですが興味おありでしたら調べて連絡しますよ。

早速、義父にコメントを見てもらいました。
2年前まで芦屋に住んでいましたが、今は病気療養も兼ねて淡路島で私達夫婦と同居をしています。
義父曰く、Bruegrass45は皆 結婚式に来てくれていたよ。City Lightsはネスカフェの人で福原君の友達じゃないかな?と、言っていました。
ちなみに、義父も県芦OBです☆バレー部ですけど。
機会があればCity Lightsさんに遊びに行かせて頂きたいと思います。先日もFortworthに夫婦で行って熱唱して帰ってきてましたしね。

ishidaさん
それはそれは、お名前なんていわれるんでしょうね、ひょっとしたら存じ上げているかもしれません。写真にも写っているうちの嫁は、寥さんのフィドルの弟子ですし、その縁で李さんの結婚式にはお邪魔したりもしました。さぶさんには宝塚ではお世話になっています。いつも思いますがブルーグラスの世界は狭いですね。
ちなみにBruegrass Time Serviceは現在
City Lightsには出ていなくて大阪方面で活躍しているようです。

びっくりした!  何気なしに覗いたらこんなに盛り上がっていたとは^^;

いやー、それにしても夢民って名前が出てるとは、夢にも思わず・・・・・。

今年中に再開したかったけど、なんやかんやで、まずは場所探しですわ^^。

来年の3月頃を目途に、開店したいなぁ、なんて思ってます。

ところで、シティライツはもしかして閉店してるのかも?
日曜日に2度行ったけど、営業してなくて。

そういえば当時のマスターの高田さんも、亡くなって10年近くなるのかな。

福原さんも、シティライツでは随分、お世話になったと思うけどね^^;
福原さんは高田さんのネッスルでの後輩ですね。

因みに、うちのバンドは、梅田と吹田のライブハウスにもっぱら出てます。

巷では最近、私がもう一度シティライツを買い取って、店を始めると言う話が出てたようですが、それは全く違いますので、よろしく。

D-timesさん
こっちもびっくりしています。タイトルをブルーグラスミュージックとしているので検索に良く引っかかるみたいですね。
仕事の方どうでっか?
夢民も楽しみですが、新しい商売が軌道に乗るよう祈っています。

仕事は厳しいなぁ^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/17340856

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーグラスミュージック:

« 六甲全山縦走 | トップページ | ルミナリエ »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ