最近のトラックバック

« 丹波篠山 | トップページ | 京都シティーハーフ »

篠山ABCマラソン顛末記

昨年2007年11月2日、滋賀県のあいの土山マラソンに参加。

今年の夏は山の練習にいそしんでいた、その影響がマラソンの

レースにどんな風に出てくるのか、興味しんしんで出場する。

しかし、すぐに記録に直結するわけは無く、さんざん。

とにかく、スピードが出ない。6分/キロも最後まで維持できず、

結局、4時間19分で終わった。

ただ、足が違ってきている実感だけはあったので、あとは練習の

やり方だけと思い、計画を練る。

まず距離、私の場合、経験的にサブフォーを維持するのに月間

200キロは必要。3時間49分の自己記録を更新するのには、

300キロ~400キロをめざす。

質的にはフルに一番必要な筋持久力の強化を目指し、

15~20キロのビルドアップ、LT値の改善を目指し、

3キロ程度のLTインターバルを数本、といった練習をメインに

マラニック、LSD、ペース走をからめていくことにする。

11月はあいの土山のフルを含め約300キロ、距離的には

一番伸ばそうと思った12月は385キロ、順調に距離を踏めた。

この期間中はスピード的にもどんどん調子が上がってくる。

強度的にも楽な状態でいいラップを踏める。

こいつはかなりなところまでいける。

篠山での目標タイムをSETする。

3時間40分切り。

走りこみから調整へ移るのに、このタイムを目標に練習の

スピードを決める。

1月はスキー場で高地トレーニング、これは関係ないか。

1月も300キロ、2月、そろそろ調整期少しづつ距離を落とす。

しかし、このころは逆に調子がぜんぜん上がってこない。

4週前の40キロ走、3週前の30キロ走、ともに散々な結果。

フルの目標タイムから想定したスピードで走れない、

その距離にも届かない。一挙にブルーな毎日。

そうこうするうちに後2週間、こうなったら仕方がない。

そのスピードで走れないのは、疲労の蓄積のためと決めつける。

レースまでは思いっきり疲労抜きに徹する。

気持ちは、走りたい走りたいだったが、オフ、ジョグのみ、

ウインドスプリント程度に抑える。

レースは近づいてくるが調子が上がっているのかどうかも

わからない。

さあ問題は当日のレースペースをどうするか。

当初の目標どおり行くか、しかし調子が上がりきっていなかったら

これは自殺行為。

かといってペースを落として頭打ちになってしまう消極的なレース

もしたくない。  散々悩みまくる。

もうこうなったら体に聞くしかない。何も考えずに走り出そう。

後は体と相談や。

そして当日。

午前8時頃、現地入り。まずやったのが、黒豆パン購入。

嫁はけっこう丹波篠山ファンでこのマラソンの時には、

いろいろ買って帰る。自然薯、実山椒、地酒、等々。

そして大正ロマン館で一服した後、楽ランの集合場所へ。

楽ランのユニホームを旗がわりにうろうろ。何人かに会う。

そうこうするうちにきんちゃんのぼり到着。高く掲げる。

さすがに良く目立つ。みんなも集まってきた。

20080304_95033727

がんばろうぜ。

                                   

さあまもなくスタート。今日は登録で出場。

スタート前のストレスは少ない。これはありがたい。

スタート地点でSちゃんとKMさんに会う。

どんどん気持ちが盛り上がってくる。冷静に、冷静に。

さあスタート。楽ランのぼりに送られ、行くぞ。

登録のスタートは初めてだったが、さすがにスタート後の混雑も

わずかで、すぐにマイペースで走れるようになる。

1キロ、5分14秒

2キロ、5分9秒

3キロ、5分3秒

ほぼ最初に想定したペースで走れている。ここでもう一度

冷静に体をチェック、呼吸は?荒くない、楽なリズムで出来てる。

心拍は?心拍数までは測れないが、いい感じ。

ばねを無理やり使っていないか?OK、リラックスして走れてる。

全体的な強度は?大丈夫だ、楽に行けてる。

よーし、調子はいい。このまま行こう。

体のリラックスだけを心がける。

0~5キロ、  25分32秒

5~10キロ、 25分34秒

10~15キロ、25分53秒

20080304_95104446

16キロ地点、楽ラン応援団登場。

ありがとう、調子はいいよ。

                                   

15~20キロ、26分19秒

20~25キロ、26分14秒

25~30キロ、26分55秒

さすがに少し落ちてきたなぁ。これからがマラソンやでぇー。

気合を入れなおす。これから27,8分まで落ちても

大幅な自己記録更新だ。希望に胸が膨らむ。

この辺でKMさんに追いつく。この人も国際ランナー

一歩手前の人だが、今日は足が動かないらしい。

しばらく並走するが、しし汁を食しに離れていかれた。

この辺は折り返しになっているので後続のランナーと

すれちがえる。JAIさん、JARさん、Sぱぱさん、突然

奇声が聞こえてきたTNさん、みんながんばってる。

さぁこれからは粘りの勝負だ。

おっ、楽ラン応援団の一人、KOりんがカメラをもって

応援してくれてる。こんなところまで走ってきてくれた。

20080304_95829711_2

さすが、国際ランナー。 感激。

                                   

                                                                            

このころから、ふくらはぎに時折、ピリッと何かが走る。

いやな予感、攣る前兆だ。1キロごとに大きくなる。

30~35キロ、27分45秒

ふんばると、ピクッとするようになってきた。やばい。

ごまかしながら走るが、スピードは落ちていく。

体はまだ粘れるのに、悔しい。

38キロ、もう蹴れない。へたへたと走る状態。

いったん止まってストレッチするも、改善せず。

39キロ、スプレーのサービスがあった。お願いする。

さすがに即効性あり、おさまってる。しかし1分ほど走ると

またビクッ。やっぱりだめか。

40キロ、Hさんも応援に駆けつけてくれている。ありがとう。

41キロ、完全に両足とも攣った状態で走っている。

歩くようなスピード。楽ランののぼりが見えてきた。

さっそうと走りたいが、いかんせん、足はいうことを聞きません。

歩くのだけはやめよう。何とかかんとかそのままゴール。

時計も見れなかったが3時間51分くらい、結局自己新はならず。

とぼとぼと歩きチップを取ってもらう。

しかし本当の苦しみはこれからでした。

集合場所に戻り、へたろうとして腰掛けた瞬間、両足の筋肉が

痙攣しだす、慌てて立ち上がっても、あっちこっちが痙攣。

おまけに気分がおかしくなって、吐き気までしだす。

目もくらくらする、視界もおかしい。立っているのも出来なく

なりそうで両側から支えてもらう。これはただ事じゃない。

みんなに走り回ってもらって、救護所から車を呼ぶ。

しかし、それに乗って救護所まで行ったはいいが、今度は

足が攣りまくって、降りれない。そのままの状態で、水分補給と

マッサージを受ける。しかしおさまらない。1時間ぐらいその状態が

続く。やっとのことで車椅子にのり救護所の中へ。

ストーブのそばで暖かいものをいただくとやっと落ち着いてきた。

結局、脱水、特に電解質不足による痙攣ということであった。

今日は若干暑かったとはいえ、給水所では、ほぼ全個所で、

給水は受けたし、今年からスポーツドリンクも置くようになって

いたので、努めて飲んでいたのだが、まだ不足だったらしい。

給水を軽んじていたわけでは決して無いが、これを機会に

もう少し深く研究してみよう。

改めてフルマラソンの奥深さを知ったレースでした。

痙攣さえなければとも思うが、それも実力のうちなんでしょう。

最後に、走り回ってくれた楽ランのみんな、すみませんでした。

そして、ありがとうございました。

20080304_95143368

 

« 丹波篠山 | トップページ | 京都シティーハーフ »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした。
私がゴールした時は、ジャンさん、ジャンママさんも
姿が見えず、どのような状態なのか全くわかりませんでした。
脱水って怖いのですね。

帰りのbeerで、だんだんいつものジャンさんの笑顔が見られるようになり、ほっとしました。
本当にたのしかったです。またご一緒させて下さいませ。奇声が苦痛でなければ・・・happy01

たかにょろさん
お疲れさんでした。
初フル完走おめでとうございます。
5時間切りのゴールを盛大に迎えたかったのですが
あんなことになり残念でした。
でもたくさんの仲間に祝福してもらえて最高の
初フルだったと思います。奇声はOKですよ。
エネルギーになりそう。

初コメントかな?
ジャンさんに、そんなことが起きたなんて
信じられません!こまめに給水取ってたのに
それでも足りなかったってbearing

とっても写真が素敵そうでクリックしたのですが
サイズがでかくて全体が見れないんです・・・。
時間あったら是非普通サイズで見たいですscissors

お疲れさまでした。

やっぱフルマラソンは奥が深いというか恐いですね。
大事に至らなくて本当によかったです。

電解質不足と言うことは...エイドの後半にビール入りポカリスエットがあればOKでしょうか?

やっぱりフルマラソンは難しいよな。

水泳で言えば、10Km泳をバッタでやるようなもんやし。

気持ちも体も若いけど、無理は禁物。

あせらずに頑張りましょ(へんな言い方やな)

わたっこさん
書込みありがとうございます。たぶん、はじめてではないですよ。
ほんと給水所の給水を取っていたら、まあ間違いは無いだろうと思ってましたたけど、当日の体調とか、いろんな因子があって、あんなことになるようです。
勉強、勉強。
写真はサイズを変えてみます。

ボガさん
あの時はいろいろありがとうございました。
帰りの運転までお願いして、申し訳なかったです。
実は1週間ほどやめはしませんでしたけれど少し節ビールしてました。これがあかんかったかな。
やりなれんことはするなということかも。
ボガさんを見習います。

Dさん
ほんといろんなことで無理がきかなくなってきてますね。今回もスピード練習をだいぶやったけど体が反応してこないですわ、ただ疲れていくだけみたいな感じ。そらぁ半世紀生きてるもんな。
練習のやり方も考えなあきません。

私とすれ違ったときはあんなに元気そうだったのにその後大変だったんですねsweat01
それはそうと・・・めっちゃ練習してるじゃないですかぁぁぁ!!特に宴会の誘惑の多い12月に385kmとは!!恐れ入ります。
練習したことが出し切れなかったのは本当にくやしいですよね。もったいないですbearing
ピークのもっていき方を私は今年、少しだけ学べた気がしますが、どんぴしゃにもっていくのにはまだまだ経験が足りません。難しいです。
これからのメインはRUNではなく、RUNの後の宴会の季節になりましたね。楽ランの本領発揮の季節です。
六甲マラニック、今年はたくさん参加したいですnote

かおりん
ほんと出会ったころは、今日はいただき、大幅自己ベスト間違いなし、ゴールのパフォーマンスは何をしようかなど考えながら、うきうきして走ってたけど、
悔しい結果になってしまいました。
自分なりに研究してやった練習に大きな間違いは無かったと思うけど、体調管理や栄養学的なところをもっと考えなあかんのかな。
それはそれとして、そろそろ山の季節ですよん。
山岳部月例会の計画をせねば。

先日は本当にお疲れ様でした♪
私も他人事ではないと思いますわ。

僕は臭い臭いと言われながらでも多少は大蒜パワーが効いたかな? 一番の臭いの被害者は、たかにょろだったかもしれない。

ゆっくりと休めて次のレースでの期待をしていますよ☆
そうそう! 今度はジャンさんの追い込みに付き合いましょうか? え?イランお世話???

きんちゃん
そうやねぇ、きんちゃんに目を白黒させられるのもいいかもしれないなあ。
忘年会の公約で来シーズン3時間半切りというのがあるもんで、お願いしようかな。
今年のレースはおしまいなんで秋以降でよろしく。
それと4月ぐらいに六甲マジ縦走なんてどうですか。

お疲れ様でした。
そんな大変な症状だったのですね。
私は痙攣と脱水防止の為に、アスリートソルト、アミノバイタル顆粒一袋、カーボショッツの三種の神器を必ずCW-Xのポケットに忍ばせて、30キロ以降からちびちび舐めるようにしています。
同じ位の走力のジャンさんも是非お試しを。
それにしてもランに対してこれ程ストイックな私達。
しらっと40分切りをしてしまう酔いどれランナーを一度二人でどつきにいきましょか。(笑)

tacocoさん
ありがとうございます。
そのへん、いろいろ試してみます。
あのひとには、もう少し厳しい練習を課して、さっさとサブスリーぐらいのレベルまで行ってもらわないと困ります、ほんま。

お疲れ様でした。
フルはコンディションの調整もレース中の
調整も難しい非常にデリケートなもの
ですね。
ハーフぐらいまでならその辺の差は数分
でしか現れないけど、フルなら数十分で
現れてしまう。
お互いめげずに次の徳島で!
その前の週に私は長野ですが・・・

では、まずは疲れを取ってください。

オスカーさん
ほんとありがとうございました。
悔しいけれど、いい経験さしてもらったと思ってます。
徳島は、パスしました。篠山がこんな結果になるのだったら出場しても良かったですが、そろそろ頭が半分くらい山の方を向いてます。
今年もご同行よろしくです。

篠山のレースは壮絶だったようですね。お疲れ様でした。記事を読んでて、自分事のように感じました。
マラソンって、ホント奥深いと思います。
私も今年は一からやり直そうと思ってますので、器を大きくするための走りこみ、是非一緒に頑張りましょう!山ラン企画、楽しみにしてます^^

たっくん
さすがにあれだけの痙攣をおこすと筋肉がぼろぼろになっているようです。いまだにふくらはぎが攣っているような感覚がなくなりません。
ただの筋肉痛の痛みではありませんし・・・とほほ。
山へは3月中にいちど行きたいですね。
頑丈な地足を作りましょう。

結果のことは全く聞いてなかったんで...大変お疲れさまでした!

そして、無事で何よりです!(*^^*)


しかし、そんな状態でもキチンと完走してしまうあたりが、さすがですね!


僕は早く膝を治し、復活しますので、また一緒に走りましょう!!

3ちゃん、ほんとありがとう。
ふくらはぎはなかなか痛みがなくなりませんが、3ちゃんもゆっくり膝を治して下さい。

楽ランのcootです。
お疲れさまでした。
僕のブログに書込みをいただいていたのに、返事もしないままですみませんでした。
篠山のスタート時に、ジャンさんのすぐ近くにいたのですが、声をかけ損ないました。
これからもよろしくお願いします。

cootさん
そうだったんですか。声かけてくれたらよかったのに。仲間が増えるとパワーも増えますよ。こちらこそ宜しくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/40353040

この記事へのトラックバック一覧です: 篠山ABCマラソン顛末記:

« 丹波篠山 | トップページ | 京都シティーハーフ »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ