最近のトラックバック

« 市民救急救命士講習 | トップページ | 山行 »

適々斎塾

今日は何の日というページをみていると、明後日3月23日は

幕末の蘭学者、緒方洪庵が大阪に適塾を開いた日。

200pxe7b792e696b9e6b4aae5bab5e5838f

                                                                      

                                

                                 

                                 

                                  

                                   

適塾は正式には適々斎塾と言い、洪庵の号、”適々斎華陰”から

名づけられた。

門人には、

福沢諭吉、言わずと知れた、慶応義塾の創始者。

大村益次郎、明治政府の初代兵部省兵部大輔、日本陸軍の創始者

で大河ドラマ”花神”の主人公。長州時代の名は村田蔵六。

佐野常民、日本赤十字の創始者。

橋本佐内、越前藩の医師,開国思想を持ち、安政の大獄で斬首。

大鳥圭介、戊辰戦争では函館の五稜郭に立てこもり、最後まで

抵抗、投獄されるが後に明治政府に出仕、清国、朝鮮公使になる。

変わったところでは、手塚治虫の曽祖父手塚良仙も適塾の出身

である。

幕末から明治にかけての日本の近代化に大きな役割を果たした

このそうそうたる人物たちを育てた私塾である。

緒方洪庵はもともと岡山足守藩の出身、大阪、江戸、長崎で学び

1838年、大阪に戻って医業を開業するとともに、この日適塾を

開いた。 ここで学んだ塾生は千人にも達すると言われ、偉大な

教育者であったことはその門人たちが証明している。

緒方洪庵は、種痘を広めたことでも知られており、大阪はもちろん、

出身地の足守藩にも招かれ、たくさんの子供たちに種痘を

施している。また幕府の再三の招きにより江戸で、奥医師にまで

なっている。このころ手塚治虫のひいおじいちゃん良仙も江戸で

歩兵屯所付医師(軍医みたいなものか?)になっている。

この適塾は閉塾する際、大半の教師、塾生が新設の大阪医学校へ

移ることになる。この大阪医学校は後に大阪帝国大学へと発展

していくので、いまの大阪大学の源流は適塾にあると言っても

いいようだ。

ちなみに現在、適塾は史跡公園になって、大阪北浜にその姿を

しのぶことが出来る。

K667372274

                                   

                                                                     

                                  

                                  

塾の内部も見学できるようになっていて、

塾生が学問についての口論が激するあまり、刀を振り回して

出来た柱の疵なども残っている。

教える方も教わる方も今の学校との差を感じずには

おられませんね。

激動の時代に、すばらしい先生と熱い生徒たちがいた学校を

見てみるのもいいかも。

« 市民救急救命士講習 | トップページ | 山行 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

刀を振り回したって!?
校内暴力、昔からあったんですね。
やっぱり若者は熱いなぁbomb

緒方洪庵先生。
奥医師招聘は有難迷惑だったそうですね。
適塾への未練と高齢ゆえに。
あのまま関西に残っていてくれれば大阪の今は違っていたかもしれません。
それ程の傑物でした。


かおりん
最近は熱さの方向がいささか偏ったりしていますが・・・。
熱い若者が目を向けるところのいっぱいある社会であって欲しいですね。

tacocoさん
あれだけの塾生を育てた洪庵の目から見れば当時の幕府の惨状は見えていたとも思うけれど、それでも招聘にこたえて江戸へ行くあたり、きっちりした常識人でもあったんでしょう。いろんなしがらみがあったんだろうと想像してしまいます。

はじめまして、私も去年の11月に行きました。私にはなぜか近所の愛珠幼稚園が印象に残りました。

うてきなぷりぱさん
以前に一度書き込みいただいたと記憶していますが。
愛珠幼稚園、私も古い建物でこれは何だと思ってみると、現役の幼稚園と知って驚きました。
創立明治13年といいますから、この適塾の時代と大差ないころにすでにあったようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/40585467

この記事へのトラックバック一覧です: 適々斎塾:

« 市民救急救命士講習 | トップページ | 山行 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ