最近のトラックバック

« 夙川・芦屋お花見マラニック | トップページ | 六甲縦走 »

3人そろえば六甲山

来シーズンのフルマラソンベストタイム更新のために今年は山に

燃えているTっくんとJらんさんと三人で六甲山へ。

阪急芦屋川から風吹岩を通り、横池あたりから左へ折れ、

水平道へ入る。

今回のコースはただ登って降りるだけのルートではなく

山の中腹を横に移動する水平道と呼ばれる森林管理道を

途中にはさんだ。

Photo

                                                                         

                                                                                                                     

                                   

                                                     

                                                    

この道はちょうどわが家の裏山になるのだが、

その名の通り、急な登り下りがなく走り回るには絶好のコース。

Photo_2

                                   

                                                   

                                   

                                                     

                                 

                                                    

その上東六甲のしっとりとした雰囲気をあじわえるし、この季節、

山つつじ、山桜が美しい。

20080415_91743767

                                  

                                                   

                                   

                                                     

                                 

                                                    

ソメイヨシノもまだ残っているし、

トレイルランを満喫できるコースである。                                                                                                                                       

打越峠でちょっと一服。

Photo_3

                                                    

                                                    

                                   

                                                     

少し下って住吉道へ入る。

Photo_4

                                   

                                                      

                                   

                                                    

ここから西おたふく山を目指す。

真っ白な山桜が見えた。

Photo_5

                                  

                                                   

                                   

                                                    

川沿いの雰囲気のある道をしばらく行くとだんだん登りが急になる。

心臓ばっこばこ、汗が滝のように流れる。じわじわと足にきだす。

ようやく西おたふく山へ到着、管理車道を少し行くと

縦走路へ出る。このあたりで二人連れのトレイルランナーに

追い抜かされる。聞くと全山縦走をやっているらしい。

まだ12時すぎ、始発電車に乗って須磨へ行ったとしても

スタートは6時。6時間で最高峰付近までくるということはゴールは

7時間半を切るかもしれない。かなり速い。

階段を駆け上がって行った。とても真似できません。

最高峰へ到着。ここでおにぎりタイム。

一軒茶屋で水分を補給。さあ後は宝塚への下りだけだ。

2時間で下れば、3時ごろ到着だ。ほぼ予定通り。

みんな登りでかなり足にきているようなのでゆっくり走る。

下り基調ではあるが所々に登りが現れる。

下りは惰性で走れても、この登りがつらい。また汗ぼとぼと。

そんなこんなでようやく塩尾寺にたどりつく。

これは"えんぺいじ"と読みます。

あと3キロ、しかしここからはロードではあるがずっと

急な下りが続く。疲れた足にはこれもまたつらい。

ようやくナチュールスパ宝塚に到着。

なかなか高級感のあるお風呂で汗を流し、駅ビルの珉珉で

一杯やっていると、長野マラソン出場のBさんよりサブサーティー

達成の知らせ。

来シーズンの目標をあっさり先を越されたJとTは、が~ん。

いったいどこまで速くなるんや、ダンディーズは除名

アスリートへ行ってもらわないといけない、などとわいわい。

おまけにM氏もメールで参加、Bさんサブスリー達成強化練習企画

まで飛び出す。練習嫌いのBさんだいじょうぶ?

楽しい一日でした。

Tっくん、Jらんさん、ありがとうございました。

« 夙川・芦屋お花見マラニック | トップページ | 六甲縦走 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

あ、こんな楽しいことしてはったんや!

塩尾寺 → ナチュールスパ宝塚 → 珉珉...
このコースは誰かが爪を割った時と同じでは?

強化練習企画....? 事務所を通してください。

縦走は厳しそうだけど、
ナチュールスパ宝塚、珉珉は興味ありです。
これからはスピード強化もしなければ
いけないし、スタミナ強化もしないといけない。
忙しい季節になってきましたね。

Bガさん、善光寺のお守りが効いたようです。
日ごろの行いが良いのでしょうか。

ボガさん
そうです、あの宝塚スペシャルコースです。
TっくんとJらんさんには赤湯の中では足元に気をつけるように言っときました。
でもこの季節、赤湯の色は薄くなるそうで、あの段差は
丸見えでしたよ。
今ならぶつけなかったかも。

オスカーさん
ナチュールスパはなかなか高級感あってその割にリーズナブルでなかなかよろしいですよ。
オスカーさんも今年は山錬でサブスリー用の地足作りなんていかがでしょうか?
Bさんのあの強さはどこから来るんでしょうね。
きっと前の日に善光寺の仏さんに酒飲まして酔いつぶしてご利益を騙し取ったんではないでしょうか。

ジャンさん、有難うございました。
ホント良いトレーニングになりました。
月イチ位は山ランでトレーニングしたいんで、是非いろんな所へ案内ください^^

たっくん
お疲れ様でした。
今度の六甲山は全山縦走しましょう。
もう少し日が長くなればスタートの時間を遅らせます。
一度はやっとかないとね。

せっかく買って貰ったトレイルランシューズ。
まだ一度も履いていません。
呪縛の5月25日さえ過ぎ去ればいつでも行けます!是非ご企画お願い申し上げます!!

tacocoさん
わかってますよ。
山の季節はたっぷりあります。
今は大きな目標をGETするチャンスですから、集中して調整してください。
いけ、ボガさんに続け。

ちょっとぉぉぉ!
こんな楽しいことしてたんですか~!?
ん~!!故障なんてしてる場合じゃない!!
私も楽しく走りたい!
治ったら快気祝いとして(?)私も山に連れてってください(>人<)
それから、ダンディーズ結成当時は「ただの飲んだくれ集団かっ」と思っていましたが、なんだかんだ言っても、ちゃっかりしっかり個人で練習をしている走ることが大好きなダンディーズのおじちゃま達が私は大好きです♪(*^-^)ノ
今のところコソ練の成果がでているのはBガさんですが、そのうちみなさんもアスリート部ですよ、きっと♪

かおりん
足の調子はいかがですか?
去年山を走って実感しているのが強い足ができるということ。直接速くなったりという事ではなく、少々練習で距離を走っても壊れない足ができるということなんです。かおりんも良くなってきたらどんどん行きましょう。
来シーズンはもう一皮むけるかもしれませんよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/40947256

この記事へのトラックバック一覧です: 3人そろえば六甲山:

» 長野マラソン 順位 [せんぷうき]
市民マラソンで、貴重品のみを預かる奇特な大会は存在しないのでしょうか?市民マラソンで、貴重品のみを預かる奇特な大会は存在しないのでしょうか?下記URAを見てください。一番下... [続きを読む]

« 夙川・芦屋お花見マラニック | トップページ | 六甲縦走 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ