最近のトラックバック

« 3人そろえば六甲山 | トップページ | 今年のGWは・・・ »

六甲縦走

今年は山へ行きたくるぞ~っということでKやんとTCC姐さんと

計画していた六甲全山縦走、やってきました。

残念ながら姐さんは東京国際女子の資格ゲットのための調整中

ということで不参加となったが、代わりにTKN女史が参加。

彼女はこの春、フルを初完走し走力を伸ばしている。

もともと山好きであるのでもし無理ならば途中で公共交通機関にて

下山するということで参加となった。

しかしそんなことは許されるはずもなく、宝塚まで引きずってでも

連れて行くぞとKんちゃん、Hしさん、Kやんとの五人行。

ただ時間的に本当にできるのか、大阪の連中が塩屋に集合

できる時間にスタートして日没時間までにゴールしようとすると

7時半、塩屋をスタート、18時半頃に宝塚到着がぎりぎりか。

つまり11時間でいけるか。

この縦走コース、普通にハイキングのスピードで歩いていると

13~14時間、山慣れしている人だと12時間、熟練のハイカー

で10~11時間、トレイルランナーで7~9時間、レースで

上位入賞している人で5~6時間、最高記録は4時間台らしい。

11時間で完走のペースから主要ポイントの通過時刻を

割り出して、このスケジュールに沿ってスタートする。

塩屋スタート7時40分。はじめから10分遅れた。

まずは旗振山、ここで須磨からのコースと合流する。

Photo

                                  

さあ、行くぞの決意がみなぎる?

鉄拐山、おらが茶屋、栂尾山、高尾山、と順調に踏んでいく。

10分の遅れはすぐに取り戻し、この頃には15分の前倒しで

道程は進んでいく、このままいければ・・・。

須磨アルプスを越え、東山から降りてくる。

Photo_2

                                   

妙法寺の市街を抜け、高取山へ。

一つ一つのピークを踏むごとにじわじわ足にたまっていく。

高取山で最初のおにぎりタイム。

その前に歩きながら食べていた人もいたみたいですが。

鵯越の市街を抜け、最初の難所、菊水山へ。

あと900メートルという看板があるが、このたった900メートルが

つらい。頂上手前はほとんど階段、心拍は上がり、汗ぼとぼと。

やっと到着。

Photo_3

                                   

さすがに真夏とは違い、少し休んでいると汗が乾き、

寒くなってくる。

先を急ごう。

Photo_4

                                   

なかなかカッコいい?

Photo_5

                                   

そろそろ山つつじも終わりかな。

難所のひとつ、鍋蓋山への登りを越えると、少し気持ちよく

走れる道が続く。大龍寺から市ヶ原、さあいよいよ摩耶山だ。

稲妻坂、天狗坂と呼ばれる縦走路最大の難所である。

ここで張り切りすぎると確実に足をつぶしてしまう。

ゆっくりあがろう。

縦走路のアップダウンは、累積標高にすると三千数百メートル

に達する。つまり登りばっかりを集めると三千メートル級の山に

登るのと同じことになるわけだ。

ここで足を消費すると山上道路、宝塚への下りを走ることが

辛くなる。

摩耶山、掬星台へ到着。いまが盛りの八重桜が迎えてくれた。

Photo

                                   

新緑も見事。

Photo_2

                                   

再びおにぎりタイムのあとさらに東を目指す。

まだ15分前倒しを維持している。この調子だ。

オテル・ド・摩耶、アゴニー坂を過ぎ、山上道路へ。

あごが、ニー(膝)とひっつくぐらいけわしい坂という説が

あるが少々怪しい。

摩耶自然の家をとおり再び山道へ。

今日は別荘地の方へは行かずサウスロードから丁字が辻を

めざす。この道もフラットに近く走りやすい道。

記念碑台横でトイレ休憩。

カレー屋さんが見えてきた。

誰だ、よだれを出しているやつは。

ガーデンテラス到着。ソフトクリームを・・・。

こんなものまで食べている人が。

Photo_3

                                   

                                   

今日はおにぎりも8個食べつくしたそうな。どこへ入る?

さあ一軒茶屋を越え、宝塚へ下る。

Kやんと二人先行して、下りのスピード感とスリルを楽しむ。

Kやんも気に入ったみたいだ。

ところが「うわっ」と言う声に振り返ると、Kやんが

ヘッドスライディング状態。何かにけつまづいたみたい。

少々負傷。

気を取り直して先を急ぐ。

いよいよ終盤戦だ。

KやんとKんちゃんが先頭でデッドヒートをくりひろげる。

フラットなところでこの二人に飛ばされるとついていけません。

TKN女史も大きな失速もなくついてくる。

宝塚へ到着。

時計を見ると18時40分、なんと11時間ちょうどでのゴール。

さすがに15分の貯金は使い切ったが、計画時間ジャストで

走りきった。

ナチュールスパで汗を流し、駅ビルの中で一杯。

ところが店に入ったとたん「ラストオーダーです」の声。

大急ぎで食って、飲んで終了です。

小宴会で終わりましたが、たまにはこれくらいでええか。

Photo_4

               

                                

                                   

お疲れさんでした。                  

« 3人そろえば六甲山 | トップページ | 今年のGWは・・・ »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

ほんまに楽しそうな記事でした。
今更ながらに洞爺湖をエントリーした事を後悔する毎日です。
私に「ボガパワー」はないですから~。
どうでもええから、早く過ぎ去れ5.25!

11時間も走り続けるとは....凄いですわ!
その半分ぐらいのマラニックぐらいでお願いします。ダメなら小宴会だけでも呼んでくださいね、


tacocoさん
そんなこと言わんと3時間20分台の記録を引っさげて山へ行きましょう。
5.25が過ぎると姐さんの爆発がありそうですね。

ボガさん
走り続けているわけでもないですから、今度はボガさんも出場ですよ。
でもボガさんが来ると絶対に大宴会ですね。

六甲の長旅、お疲れでした!
TKN女史も頑張って完走した様子。凄いですよねェ。
きっと参加メンバーのおっさんたち、いつも以上に頑張ったんでしょう?
山のスペシャリストさん、次の企画を楽しみにしています。^^

 あのコースを完走とは、TKN女史も凄い成長です。楽ラン山組も、これから面白くなりますね(^_^)v

たっくん
そうです、口でがんばった人もいましたが。
金剛山、葛城山、比良山、比叡山、箕面 行きたい所
いっぱいです。どこにしましょかね。

MAKOTOさん
ほんと彼女は良くがんばりました。
どんどん強くなりそうです。
うかうかしてられないかも。
MAKOTOさんもそろそろ短い距離の山行だったら行けるんではないですか?楽しみにしていますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/41048536

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲縦走:

« 3人そろえば六甲山 | トップページ | 今年のGWは・・・ »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ