最近のトラックバック

« 武庫川渓谷 | トップページ | トレイルRun&Walk in 乗鞍 »

摩耶山

このところ、普通のランニングはさぼり気味で、今日も山へ。

本日のメニューは岡本から取付き、保久良山、風吹岩、最高峰へ。

山上道路を西へ向い、摩耶山から新神戸へ下りるつもり。

保久良山から登るのは、ずいぶん久しぶりだ。

ついつい金鳥山の階段を敬遠して、打越山や八幡谷の心地よさを

求めてしまう。まぁたまにはいいか。

梅雨入りはしたようだしこの日の天気予報も良くなかったが、

何とか雨は降らないようなので出かけてきたが、夜中の雨で

道はじゅくじゅく。シューズはどろどろ。

二時間ほどで最高峰へ到着。おにぎりをほおばった後、

西へ向かう。今日は車道を走らずに、本来の縦走路で

小さなピークを全部踏んでいく。

山上は蒸し暑さもなく、木々の間を走っていると気持ちいい。

ガーデンテラス、ゴルフ場、記念碑台、丁字ヶ辻と進む。

今日はアゴニー坂を通らず、車道を進み、摩耶山天上寺を

訪れてみる。ここは正式には佛母摩耶山忉利天上寺といい646年、

孝徳天皇の勅願によりインドの高僧法道仙人により開創される。

大化の改新の直後だね。ひょっとしたらなんか関係あるかも・・・。

また弘法大師空海が香木造りの佛母摩耶夫人を中国から持帰り

ここへ奉安したことから、また摩耶夫人は忉利天へ昇天したと

言われることからこの名がある。

山上道路に面して門がある。

何回も前を素通りしていたが、今日は入ってみる。

すぐの階段を上がっていくと、大きな石碑がある。

Photo

なんと旧日本海軍の巡洋艦『摩耶』の碑である。

同じ名前とはいえ、何でお寺に軍艦の碑?

それもご丁寧に、仕様、性能まで刻まれている。

                                   

                                   

Photo_2

実はこの『摩耶』には同型艦が3隻、『高雄』、

『愛宕』と『鳥海』というのだが、

この『鳥海』を子供のころ、プラモデルで

作ったことがあり、

なんかなつかしい。

あの頃の(いつ頃や?)プラモデルは圧倒的に旧日本軍の

飛行機、軍艦が多く、たくさん作ったのを思い出す。

余談でした。

ここで雑学。船の名前はどうしてつけられるのでしょう。

旧海軍の艦名は、

    戦艦   ・・・国の名前(大和、武蔵、長門)

 1等巡洋艦・・・山の名前(鳥海、摩耶)

 2等巡洋艦・・・川の名前(最上、利根)

 1等駆逐艦・・・天象気象

  2等巡洋艦・・・植物名

現在の海上自衛隊では

  ヘリ搭載護衛艦・・・国、山の名前(はるな、ひゅうが)

 ミサイル護衛艦・・・天象気象(あまつかぜ)

 イージス艦    ・・・山の名前(こんごう)

諸外国ではよく使われる人名は日本では使われない。

これは明治天皇が人の名を付けた船が沈んだとき、

その人に失礼になるからと言われたので使われなくなったとか、

何とも日本人らしいエピソード。 

ちなみに巡洋艦『摩耶』はアニメ映画”ほたるの墓”で

あの兄妹の父親が乗組んでいたことになっている艦だ。

さらに階段を上がっていくと思ったよりきれいで立派なお寺である。

開創時の天上寺はここにあったが近年まであった天上寺は

ここよりもう少し西の掬星台から少し降りたところにあった。

惜しいことに昭和51年に火事で焼失している。

そのときに建て替えているのでお寺としてはまだ新しい。

Photo_3 

                                   

                                    

                                    

                                                 

境内には与謝野蕪村の句碑がある

Photo_8

有名な句だ。

菜の花や 月は東に 日は西に

この句を摩耶山で読んだとは知らなんだ

調べてみるともう一句

                                 

菜の花や 摩耶を下れば 日の暮るる

摩耶山とそこに咲く菜の花が印象的だったのかな。

一応本堂へお参りして天上寺をあとにする。

掬星台横から摩耶山を降りる。

Photo_4

                                  

                                

                                  

                                                                   

火事の後、史跡公園になっている旧天上寺跡を通る。

Photo_5

本堂跡

                                                                  

                                                                

  

                                                                

Photo_6

さらにこんな道を降りていくと

摩耶山の山道は古い道が多く

走っているとほんと気持ちがいい。

Photo_7

行者堂へ到着

                               

                                 

                                  

この行者堂も法道仙人によって建てられた修験道の修行の

施設のようだ。

ここからは旧摩耶道と呼ばれる道を下っていく。

ここもいい雰囲気。

新神戸まで出て、二宮温泉へ向かうも時間が

早すぎて開いていない。

仕方がないので少々お高いですがクアハウスで汗を流し

三宮で昼食がてら軽く一杯やって帰る。

今度は新神戸側から一度登ってみよう。

« 武庫川渓谷 | トップページ | トレイルRun&Walk in 乗鞍 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

本日のコースは・・・。
って平日に?

軍艦に関する雑学興味深かったです。
ほんまに色々詰まってますね~。
以後、雑学王を名乗ってください。

tacocoさん
武庫川渓谷が土曜日で摩耶山が日曜日です。
平日は山にも昇れるんですが基本的に走ることをやっていないと山も楽しくないようなので平日はメイン練習コースを15キロくらい週2~3日やろうと思っています。姐さんは四万十に向けてどんな練習をしていくんですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/41489815

この記事へのトラックバック一覧です: 摩耶山:

« 武庫川渓谷 | トップページ | トレイルRun&Walk in 乗鞍 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ