最近のトラックバック

« 熊野古道トレイルランニングレース | トップページ | GWその1高島 »

ハセツネ30K

10月のハセツネに向けてのポイント獲得レース

”ハセツネ30K”に参加してきた。

前泊で土曜日のお昼に東京入り。

この日は楽ランEASTで歓迎RUNと宴を企画していただく。

竹橋をスタートし、皇居から芝増上寺、高輪泉岳寺まで行き、

神田まで帰ってくるという、名付けて歴史探訪ラン。

竹橋を出発、気象庁前から大手門、皇居前広場から

桜田門を抜ける。1860年3月3日、時の大老井伊直弼が

水戸の浪士に襲撃され暗殺された。

言わずと知れた”桜田門外の変”の現場。

Photo

長州、薩摩など雄藩が力を

持ち出したのを阻止し、

幕府の権力を復活させよう

とした直弼が殺された

ことにより、時代が一挙に尊王攘夷へと突っ走る

ことになった幕末の大事件だ。

当時とはまわりの景色はまったく違うだろうけど、

直弼の絶命した籠はどの辺だったのかななどと

考えながら、道程は進む。

隊長のメモです。ありがとうございます。

Photo_10

国会議事堂から霞ヶ関、

虎ノ門へ。

おっとこんなところに

金刀比羅宮がある。

香川の金毘羅さんの分社だ。

さらに進み、東京タワーの横を通ると芝増上寺。

Photo_2

徳川家の菩提寺で

何人かの将軍とそ

の御台所などが

祀られている。

秀忠、家宣、家継、家重、家慶、家茂の6人、そして

”篤姫”に出てきた皇女和宮も家茂夫人として名前が見える。

ここは戦前までは日光東照宮にも引けをとらない

壮大な霊廟だったらしいが空襲でほとんどが焼けてしまった。

もったいないことです。

風水学的には上野の寛永寺が江戸の鬼門の方角にあたり、

増上寺は裏鬼門にあたるそうです。

さて増上寺で一服した後は、三田から高輪泉岳寺へ。

忠臣蔵で有名な播州赤穂浅野家の菩提寺です。

Photo_3

松の廊下で刀を振り回した

内匠頭長矩さんや嫁はんの

阿久里さん

大石内蔵助以下46人の

墓もここにあります。

いまだに線香の絶えることもなく、赤穂浪士の人気の高さを

物語っている。忠臣蔵は有名なわりに結構謎が多く、

面白い話がいっぱいあるんですが、書きだすと長くなるので

やめておきます。

泉岳寺を出て給水、補給をして帰路に着く。

よもやま話をしながら大手町に到着。

ここでト○ックマンさんが帰られるとのことなので、記念撮影。

Photo_4

お疲れ様でした。

神田駅のコインロッカーで

解散、ここではka○miさんが

ご帰宅、そして稲荷湯で湯浴み。

稲荷湯は荷物を預けてから走っている人が多いらしく、

ロッカーはいっぱい。ランニングブームですなぁ。

お風呂の後、ya○隊長とt○mさんとお別れ。

隊長、今日の引率ありがとうございました。

さてさて、いよいよ宴会です。

ここにかけつけてくれたのが、EASTの重鎮ドラ○ン社長に、

ぽ○た秘書、若手の幹事めけ○けさん、以前に六甲を

一緒に走ったed○yさん、明日ハセツネ30Kを走るとら○ちさん、

最近東京に転勤になったMA○弘さん。

そして今日一緒に走ったトレイルランナーt○yoさん、

走り出した動機の不純な?と○たさん、WESTからのまさ○きくん、

総勢9名の宴となりました。

ランの話、トレイルの話、男と女の話、○の話、

にぎやかな宴でした。

どこかのように出入禁止になることもなく記念撮影。

Photo_5

もうちょっとだけと

あきらめの悪い人たちの

ささやかな2次会もあり

この日は終了。

皆さんいろいろありがとうございました。

そしてあくる日、いよいよハセツネ30K。

4時起床、朝食、そして戦闘服への着替え、

5時58分の電車に乗る。7時34分に武蔵五日市に到着したが、

下りる人間はほとんどがそれとわかるランナーたち。

他にはハイカーぐらいしかいない。

駅前でとら○ちさんと会い、えらい人やなぁといいながら会場へ。

途中、うまっ○さんとも遭遇。

Photo_6

                                 

                                

                                

                   

結構な距離を歩いてようやく会場到着。すぐ身支度を整える。

あんまり時間の余裕はない。社長は間に合うのかな。

うまっ○さんは日章サーフパンツをひるがえしながら

先にスタート地点へ。社長も登場し、歩き出すがすぐに渋滞、

こんなんで時間通りにスタートできるのか。

なんとか間に合うも予想時間ごとのブロックわけになっているはずだが

そんなところへ並ぶ余裕などない。

Photo_7

すぐにスタート。

まだ道が広いので

そこそこ走れる。

しかし・・・。

Photo_8

1300人走ればこれは

避けられないかな。

30分ほどロスしたか、

やっと動き出した。

沢のそばを登っていく。なかなか気持ちいい道。

しかしどんどん角度が大きくなっていく。刈寄山への直登だ。

やっと越えるとすぐ階段の下り、そして第一関門。

このコースの高低図を見ると最初に急なピークがありその後に

大きな山が控えている。

これを見て六甲の菊水山と摩耶山を連想していたが、菊水の後の

鍋蓋あたりの山道がない。

ひたすら舗装路の下りが続く。醍醐分岐を過ぎると今度はだらだらの

登りが続く。

Photo_9

昨日のとら○ちさんの

試走情報どおりだ。

この舗装区間で調子に乗って

飛ばすと後で脚に来るぞと

自重、自重。登りも適当に歩く。この区間がつまらないし

一番長く感じた。そうこうすると第2関門。

ここからようやく山道だ。わくわくしてきたがまだしばらく登る。

先に行っていたどら○ん社長に追いつく。練習不足らしい。

お先に行かしていただく。小さなアップダウンが始まる。

ここからが本番、脚はまだまだ残っているし、快調にすすむ。

下りも急だが走れる下りだ、めっちゃ楽しい。

トレイルはこうでなくっちゃね。

しかしレースも終盤にかかってくるとさすがに楽しいばかり

というわけにはいかない。

アップダウンの繰り返しが残りの脚を奪っていく。トッキリ場で一服。

前後して進んでいる方と話すとはなしにもうすぐ第3関門

ですよねなどといいながらすこし休む。さあ最後だがんばろう。

時計を見るとゴールは5時間前後かなという感じ。

しんどいけどもうすぐ終わってしまう寂しさも感じつつ

あと2キロ、1キロの看板が過ぎていく。

ゴール直前でとら○ちさんとうまっ○さんが声をかけてくれる。

もう着替えて涼しい顔だ、さすが速いね。

ということでゴールは5時間15分。

とにもかくにも本レース用に8ポイント獲得です。

さてあんまりゆっくりもしていられない。今日中に神戸へ帰らなければ。

といいながら駅までの途中、3人でプチ打上げ。

ほんと今回はEASTの皆さんにはいろいろお世話になりました。

ありがとうございました。

秋にも来ますのでまたよろしくです。

« 熊野古道トレイルランニングレース | トップページ | GWその1高島 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

詳細レポートありがとう。ほんと、楽しい2日間でしたね。
関東にはトレランのいい大会がたくさんありますよ。また来てください。
ハセツネ本番はもっともっと楽しいですよ。
六甲も行きたいなあ。

ハセツネ30遠征、お疲れ様でした。
そして30kmのトレイル、5時間15分での完走おめでとうございます。
さすが普段から六甲で鍛えられている剛脚ですね。秋のハセツネ本レースでも頑張ってください。

初の関東遠征&ハセツネデビュー。
最高に楽しい二日間だったようですね。
お土産話楽しみにしています。

この状態なら、本ハセツネも楽々快走できそうですね。

どらごんさん
今回は本当にお世話になりました。
最高に楽しめた2日間でした。
関西方面に来られた時には
ぜひ六甲を一緒に走りましょう。

もっくん
いえいえ、順位的には50%ぐらいの位置です。
トップは3時間切ですから速いやつはわんさかいますね。
まだまだ精進しないと・・・。

tacocoさん
EASTの皆さんのおかげで最高に楽しめました。
どらごんさんによると本レースのほうがもっと楽しいよとのことなので
ますます楽しみになってきました。
姐さんもおひとついかが?

お疲れさん^^。 と言うか、前日に飲みがあって、よく走れる(起きれる)もんやね。
さすが体力自慢。
この調子で、本番も頑張ってください^^。

なんだか楽しそう...前夜祭が。

きっと初挑戦でいろんな面で大変だったと思いますが良い感じで走られたようですね。
秋の本番...頑張ってください。

初めて当サイトに入らせて頂きます。きれいなサイトですね。photoも良く取れてますね。
ハセツネ試走なしで不安ではなかったせすか?自分は楽ラン方々とは会えませんでした。前日午後から15K走り、飲み会参加とは豪快ですね。自分は一週間前に同コースを(道に迷いながら)走ったばかり、当日前半モチベ下がりっぱなしでしたがそれなりに楽しめました。ゴール手前80mで同走ランナーとしゃべっていて足元が凹道に入ったのを気ずかず大勢の面前で空中大転倒。思わず「富士五湖」とつぶやく~。
自分も神戸がベース、六甲でいつかお会い出来るかもしれませんね。これからも良いシーンをとり続けてくださいね。

名前がないのはDさんかな
さすがに飲み会といってもずいぶんセーブしながらです。2次会もほんとに1杯だけでしたし。本番は禁酒が必要かも・・・。

ボガさん
ほんとみんなにお世話になりながら、楽しかったです。
六甲とはまた違った山の雰囲気も楽しめたし
いい遠征でした。本レースに向かってもうワクワクしています。

しらさん
はじめまして。当日はお会いできませんでしたがレース結果を見るととらはちさんと前後してゴールされているみたいですね。
コースについては走る前は不安でしたが、きっちり看板やテープで誘導されていたので大丈夫でした。後から思いましたが試走に行ったときのほうが迷いやすそうですね。
神戸出身ですか?同世代のようですし、これからもよろしくお願いします。

またもや名前を書くのを忘れてました^^;

失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/44742702

この記事へのトラックバック一覧です: ハセツネ30K:

« 熊野古道トレイルランニングレース | トップページ | GWその1高島 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ