最近のトラックバック

« ハセツネ | トップページ | 六甲横走路 »

明治の六甲山

何だかんだで久しぶりの六甲へ。

今日の予定は岡本→打越峠→雨ヶ峠→最高峰→穂高湖

→シェール道→市ヶ原→摩耶山掬星台→一軒茶屋→岡本。

約40キロ位かな。

我が家近くの岡本八幡から山へ入る。

Midori_2

山の緑は黄緑から緑へ

だいぶ濃くなってきた。

                               

                

Photo                              

                                  

                               

                                 

                                 

最高峰まで行ってから、西へ向かう。

今日は天気もいいし、ハイカーもいっぱい。

ガーデンテラスも大賑わい、展望テラスは皆さん座り込んで

足の踏み場もありません。

一服しようと思ったがあきらめて先を急ぐ。

穂高湖からシェール道へ。

Photo_2

木洩れ日のトンネル、

もう少し葉っぱが茂って

もらわないと

木洩れ日にならないか。

トゥエンティークロスから市ヶ原へ向かう。

黒岩尾根への分岐を超えると次に見えたのが地蔵谷への

分岐。摩耶山へ登る道のうち、このルートだけは通っていない。

初めての道だ、いいチャンス、行ってしまえ。

Photo_3 六甲連山と黒岩尾根に

挟まれた谷だ。

谷なのでやはり暗~い感じ。

でもなかなかいい感じ。

                   

ふと気がついた、斜面にやたら岩がゴロゴロしている。

それも古い角の取れた丸い岩ではなく、切り出した感じの岩だ。

でも苔むした後もあるし最近の岩でもない、なんじゃこりゃ。

もう少し行くと同じような岩で組んだ石垣があった。                                                                            Photo_4                    

               

べつに城跡でもなく意味もなく続いているように見える。

これを見て思い出した、この写真。

Photo_5   

この写真は明治36年、

六甲山の植林の様子を

写したものである。

神戸の急激な人口の増加に伴い、布引の貯水池を造ったのは

良いが、雨が降れば山の土砂が流れ込みとても飲料にはならない。

当時の六甲山はほとんどが禿山。

Photo_6

左は当時の六甲山の

禿山度をあらわした物

であるが、茶色で表現

されているところが、

全て禿山。

あわてて植林を始めた次第。

その時に組まれた石垣がいまだに残っていたり、

崩れた石垣がそのまま放置されている状態のようだ。

それだけ古い六甲の雰囲気を残した道なのかもしれないね。

それに六甲山が巨大な岩の山であることがチラッと

かいま見えるのがこれ。

Photo_7 一個の岩を川の流れが長年

侵食している。

この岩がどれだけの大きさを

しているのか想像はつかない。

Photo_8

まあおかげでところどころに

こんな滝ができていて

いい雰囲気です。

やがて摩耶山直前の縦走路に出て掬星台に到着。

3時も過ぎるとここも閑散。

Photo_9

寂しそう。

                   

                    

                     

さあ帰ろう。

アゴニー坂、別荘地、丁字ヶ辻、ゴルフ場、ガーデンテラスを経て

西おたふく山から住吉道、黒五谷、打越峠を越えて岡本へ降りる。

約40キロ、累積標高は2550メートルでした。

さあ次は縦走往復か、夜間走か。

六甲夜間マラニック立ち上げたらだれかくるかなぁ。

« ハセツネ | トップページ | 六甲横走路 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

六甲のトレイルはほとんどくまなく走られていますね。
約40キロ、累積標高は2550メートル、ほとんど縦走一回分に近い!
またそのトレイルの傍らから近代都市開発史を読み取られるとは!さすがです。

縦走往復、夜間走、どちらもお供しますよ。

ええ感じのとこやね。

ここいらに行くには、歩きしかないんかな?

いっぺん行ってみたいけど、40kmあるくんは無理やし^^;

もっくん
市ヶ原から宝塚の間で有馬も含めて登ったり
降りたりで70キロくらいのコースを考えようかなと
思っています。
この距離だときっと夜間走になるところもでてくるだろうし・・・。
ぜひお付き合いください。

Dさん
新神戸から登って、布引の滝から少し足をのばせば地蔵谷の入口です。そのまま摩耶山へ登ってロープウェイ、ケーブルで降りれば
10キロもないハイキングコースですよ。
摩耶山への登りは少し険しいですが・・・。

六甲夜間走、御免蒙ります!
昼間の3分の一従走くらいならいつでもお付き合いいたしますよ!
てか是非お誘いいただきたいです。
その後でM君とかのマニアックな人達と一緒に夜間走でお楽しみください。

by全従もおぼつかなくなった軟弱ランナーより。

そんなこと言わずにたまには暗闇でイノシシと遊ぶのもよろしいんではないでしょうか。
きっと真夏でもぞっとして涼しいかもしれません・・・、幽霊ちがうって。
また真夏のマラニックをやりましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/45270247

この記事へのトラックバック一覧です: 明治の六甲山:

« ハセツネ | トップページ | 六甲横走路 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ