最近のトラックバック

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

箕面散歩

たまには六甲を離れて北摂・箕面へ。

以前に一度来ているが、その時は紅葉狩と滝見物程度だったので

今回はちょっと山道を走ってみた。

Photo

阪急箕面駅から滝へ向かう道を登っていく。

                                       

                                    

                                       

少し行くと滝安寺、寄道していく。

Photo_2 Photo_3

Photo_4

弁才天、役の行者、仏足石、記事のネタになりそうなものがいっぱい。

これは、また次の機会に・・・。

                                 

途中、落合橋のトンネルへ左折。

Photo_5

突然静かな山道となる。

                                     

                                        

                                       

Photo_6

トトロに出てくる木のトンネルのような道。

                                       

                                    

                                          

Photo_7

杉林の中のシングルトラック。

山全体が木の香りに包まれている。

足元はやわらかい土の道。

すごく気持ちがいい。

                                     

やがてようらく台園地へ到着、園地といっても東屋があるだけ。

Photo_8

展望もまったくなし。

                                          

                                          

                                        

少し行くと舗装路へ出て右折、しばらく舗装路を走り、

天上ヶ岳への分岐をさがす。

この辺のガードレールでお猿さんが遊んでいました。

箕面では一時、猿を観光資源のひとつのように扱ってきたが、

現在では猿を山へ返す取り組みがなされているようである。

分岐にはこんな看板。

Photo_9

                                          

                                       

                                          

                                          

ここからはまた気持ちのよいトレイルが続く。

天上ヶ岳頂上へ折れる道があったはずだが飛ばしすぎて、

通り過ぎてしまったらしい。

役の行者の像もあるはずだしいい景色を見ながらおにぎりを

食べようと思ったのに・・・。

そのままビジターセンターまで降りてここで一服。

ここは旧政の茶屋と呼ばれここで、むかし恋人に逢いに行く

「お政」という娘が、横恋慕した村の男に殺されたので、

ここを政の坂と呼び、そこに茶屋があったそうです。

またここは東海自然歩道の西の起点に当る。

そもそも東海自然歩道は明治4年に東京の高雄と大阪の箕面とが、

我が国最初の公園地となったので、昭和42年、明治百年に、

この2つが明治の森国定公園となり、2つを結び東海自然歩道が

作られたそうである。

この東海自然歩道をたどり勝尾寺を目指す。

すぐに金属製の橋がありこの上から箕面川ダムが見える。

Photo_10

前はあのダムの上をあるいたなぁ。

土や石を積み上げて作るロックフィル式のダムだね。

                                       

                                          

さらに進んでいくと道の真ん中にこんな物が・・・。

Photo_11

なんと、

大阪湾から北摂の山、

生駒の山を表現した

金属製の

ミニチュアです。

何でこんなところに・・・?

                                           

やがて地図にも載っている開成王子の墓へ到着。

Photo_12

開成王子は今目指している

勝尾寺の開基と言われていて

また光仁天皇の皇子でもあり、

「鳴くようぐいす平安京」で

有名な桓武天皇の庶兄に当る人です。

                                                   

もう少し行き最勝ヶ峰あたりから勝尾寺のほうへ降りていく。

この道は適当にガレていて下りの楽しい道だ。

いい調子で飛ばしていると、かなりご年配のご夫婦が

立ち止まっておられる。事情を聞くとご主人が足の痙攣を

起こしておられるとのこと。靭帯を切ったあとのリハビリで

山歩きをしておられて、よくこういうことになるんで、

だましだまし歩いているんですわとのこと、一応背負って

降りましょうかと声はかけましたが、大丈夫、慣れてますから

とのことなので、ちょっと気になりましたが、まあすぐ勝尾寺だし、

そこまで行けばバスもあるし、先に行かしてもらう事にする。

降りたところが二階堂、浄土宗開祖法然上人が修行されたところ。

Photo_13

                                                

                                           

                                                

Photo_15

                                              

                                                

                                                

                                                

これはほとんどもみじ、秋に来ればすごい景色が見られるんだろうね。

さらに境内を抜けていく。

Photo_16

                                                

                                                

                                                 

                                                

2

さすが北摂の名刹、立派なお寺です。

                                                

                                                 

                                                

3                                                

                                             

                                           

                                                

                                             

さて帰りは自然研究路という道を通ってみる。

この道がなかなか走りやすくて気持ちのいい道。

おまけに自然研究路というだけあって、このあたりの植物や動物に

関しての説明が随所に見られ、これを読んでいると、走るのを

忘れそうにもなる。

自然研究路5号と4号を走るともとの政の茶屋へ戻ってくる。

ここからは車道を下る。箕面大滝から阪急箕面駅へ。

Photo_17

                                              

                                              

                                             

                                              

箕面と言えばスパガーデンだが今日は阪急で一駅の牧落にある

百楽湯へ行ってみた。しか~し、なんと営業は5時からだって。

まだ4時過ぎ・・・、仕方がないのでコンビニでビールを仕入れて

先に一杯やって時間待ち。

ようやく開店の頃を見はからって入浴、さっぱりしました。

しかしこの銭湯、昔の銭湯そのまんま、1980年代のポスターも

そのまま張ってあるし、女将さんみたいな方に話をうかがうと

いきなり、もうだめですわとのこと。

かなり経営は苦しいみたいですね。

箕面を走るトレイルランナーをねらっても人数限られているかな?

確かにどこの町でも銭湯がどんどん廃業に追い込まれているみたいで

寂しいことです。

六甲横走路

ここのところ毎週末、山に入っている。

主に縦走路を中心に東行西行しながら距離を踏んでいる。

そこでたまには横断コースを行ってみることにする。

六甲の横断といえば有名なのが魚屋道。

こいつからはじめるか・・・。

芦屋と神戸の境目に位置する森稲荷神社から甲南女子大の

横を通り山へ入っていく。

蛙岩から風吹岩、ゴルフ場を抜け雨ヶ峠へ。

いつもはここから一軒茶屋を目指し七曲を登っていくが、

久しぶりに東おたふく山へ行ってみよう。

Photo

ここは小学生の頃

大きな山火事があり、

いったん禿山になった

ところ。

                                 

40年以上前の話ですが・・・。

その後は草原のようになり、

低木しかなかったのが、現在は木も大きく育ち普通の山の

風景が続く。ピークから北へ下りる。

今まで蒸し暑かったのが急に涼しくなった。

ちょっとした谷なので山の空気がたまっているようだ。

北山を越え蛇谷を抜けると山上道路横の石の宝殿に着く。

六甲山は山伏、天狗に関する伝説が多く、昔山中には88の社が

あり、それらの中心が石の宝殿で、修験道場だったようである。

祭神は菊理媛命、山岳信仰における白山の神である。

Photo_2

                                     

つまり白山系の山伏が

開いた行場だったらしい。

江戸時代になって西宮の

廣田神社の氏子たちが

境外摂社として、

雨乞いの場になった

ようである。

               

               

Photo_3

                                                                                     

                                                                                                      

                   

                  

さて道程は縦走路をたどり一軒茶屋から極楽茶屋へむかう。

厳密には極楽茶屋跡、いまは自動販売機だけ。

さあここから紅葉谷へ入る。

昔、六甲が禿山であった頃でもここだけには豊かな森が

広がっていたといわれ、今でもブナの古木を見ることが

できる。またその名の通り、秋にはすばらしい景色を

見せてくれる六甲の紅葉の名所のひとつでもある。

調子よく下っていくと百間滝、似位滝を示す看板を

見つける。このあたりは有馬四十八滝と呼ばれる滝が

散在している。見に行ったことはないが、なかなかの物

だといううわさは良く聞くので、一度見に行ってみよう。

ただ難所有りという言葉が少しだけ心配でしたが・・・。

百間滝

Photo_4

                              

                           

                      

                     

                   

                   

                   

                     

似位滝

Photo_5

                       

                                          

                                            

                 

                  

少し見くびっていたが、うわさ通り、なかなかの物です。

ちょっと感激。

梅雨時で水量が増えていたのもよかったようだ。

冬には冷え込んでくると今度はすばらしい氷瀑が見られるそうだ。

もちろんその時にはアイゼンは必要だが・・・。

紅葉といい、ブナといい、滝といい、この紅葉谷は

季節それぞれの美しい景色を楽しめる六甲でも有数の

ポイントですね。

七曲滝

Photo_6

                

                  

                

                 

                     

ちょっと感動しながら先を急ぐ。

ロープウェイの有馬温泉駅に到着。

Photo_7

すぐ横にある鼓ヶ滝公園で

おにぎりタイム。

さあてどっから帰ろうか。

魚屋道で戻るのも芸がないし、

地図を見ていると少し西に

裏六甲縦走路というのがある。

通ったことはないが縦走路という言葉につられて

行ってみることにする。

しかし入っていく道がわからない、取っ付きを探して

有馬の町をうろうろ。

やっと見つけた、落葉山への登り口。

地図で見ると落葉山、灰形山、湯槽谷山を越えて

番匠屋畑尾根を通り極楽茶屋跡へ、距離は4キロほどだが

この有馬三山と呼ばれる三つの山を越えていくのは、

なかなか厳しそうだ。

この三山、それぞれいわくありげな名前がついているので

調べてみた。

落葉山は温泉中興の祖である仁西上人が、神様が投げた

木の葉が落ちた地に温泉を掘りあてたとされたことから

名づけられた。

灰形山は、秀吉の茶会で、有馬に逗留した利休が風雅を

取り入れようとこの山の山容に似せて風炉の灰を盛った

ことに由来する。

また湯槽谷山はこの山の木で有馬温泉の湯舟を作った

ことかららしい。

とにかく裏六甲縦走路へ突入。まずは落葉山、533メートル。

つぎに灰形山、619メートル。この間はやせ尾根の連続で

かなり危険、転倒でもしようものなら転げ落ちてしまいそう。

Photo_8

                 

                   

               

                  

              

灰形山から湯槽谷山、

番匠屋畑尾根にかけては丸太階段の連続、

それもかなりの急勾配。

ダイトレを思い出してしまった。

一時間ほどで極楽茶屋へ行くつもりが30分以上余分に

かかってしまった。

足にもかなりきている。ちょっとなめてたかな・・・。

あとは縦走路から西おたふく山へそれ、住吉道へ下りる。

黒五谷から打越峠を越え岡本八幡神社へでて終了。

30キロぐらいだろうが累積標高はかなりいっているかも。

脚がニコニコと喜んでる。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ