最近のトラックバック

« 六甲横走路 | トップページ | 奥多摩トレイルラン@ハセツネ試走 »

箕面散歩

たまには六甲を離れて北摂・箕面へ。

以前に一度来ているが、その時は紅葉狩と滝見物程度だったので

今回はちょっと山道を走ってみた。

Photo

阪急箕面駅から滝へ向かう道を登っていく。

                                       

                                    

                                       

少し行くと滝安寺、寄道していく。

Photo_2 Photo_3

Photo_4

弁才天、役の行者、仏足石、記事のネタになりそうなものがいっぱい。

これは、また次の機会に・・・。

                                 

途中、落合橋のトンネルへ左折。

Photo_5

突然静かな山道となる。

                                     

                                        

                                       

Photo_6

トトロに出てくる木のトンネルのような道。

                                       

                                    

                                          

Photo_7

杉林の中のシングルトラック。

山全体が木の香りに包まれている。

足元はやわらかい土の道。

すごく気持ちがいい。

                                     

やがてようらく台園地へ到着、園地といっても東屋があるだけ。

Photo_8

展望もまったくなし。

                                          

                                          

                                        

少し行くと舗装路へ出て右折、しばらく舗装路を走り、

天上ヶ岳への分岐をさがす。

この辺のガードレールでお猿さんが遊んでいました。

箕面では一時、猿を観光資源のひとつのように扱ってきたが、

現在では猿を山へ返す取り組みがなされているようである。

分岐にはこんな看板。

Photo_9

                                          

                                       

                                          

                                          

ここからはまた気持ちのよいトレイルが続く。

天上ヶ岳頂上へ折れる道があったはずだが飛ばしすぎて、

通り過ぎてしまったらしい。

役の行者の像もあるはずだしいい景色を見ながらおにぎりを

食べようと思ったのに・・・。

そのままビジターセンターまで降りてここで一服。

ここは旧政の茶屋と呼ばれここで、むかし恋人に逢いに行く

「お政」という娘が、横恋慕した村の男に殺されたので、

ここを政の坂と呼び、そこに茶屋があったそうです。

またここは東海自然歩道の西の起点に当る。

そもそも東海自然歩道は明治4年に東京の高雄と大阪の箕面とが、

我が国最初の公園地となったので、昭和42年、明治百年に、

この2つが明治の森国定公園となり、2つを結び東海自然歩道が

作られたそうである。

この東海自然歩道をたどり勝尾寺を目指す。

すぐに金属製の橋がありこの上から箕面川ダムが見える。

Photo_10

前はあのダムの上をあるいたなぁ。

土や石を積み上げて作るロックフィル式のダムだね。

                                       

                                          

さらに進んでいくと道の真ん中にこんな物が・・・。

Photo_11

なんと、

大阪湾から北摂の山、

生駒の山を表現した

金属製の

ミニチュアです。

何でこんなところに・・・?

                                           

やがて地図にも載っている開成王子の墓へ到着。

Photo_12

開成王子は今目指している

勝尾寺の開基と言われていて

また光仁天皇の皇子でもあり、

「鳴くようぐいす平安京」で

有名な桓武天皇の庶兄に当る人です。

                                                   

もう少し行き最勝ヶ峰あたりから勝尾寺のほうへ降りていく。

この道は適当にガレていて下りの楽しい道だ。

いい調子で飛ばしていると、かなりご年配のご夫婦が

立ち止まっておられる。事情を聞くとご主人が足の痙攣を

起こしておられるとのこと。靭帯を切ったあとのリハビリで

山歩きをしておられて、よくこういうことになるんで、

だましだまし歩いているんですわとのこと、一応背負って

降りましょうかと声はかけましたが、大丈夫、慣れてますから

とのことなので、ちょっと気になりましたが、まあすぐ勝尾寺だし、

そこまで行けばバスもあるし、先に行かしてもらう事にする。

降りたところが二階堂、浄土宗開祖法然上人が修行されたところ。

Photo_13

                                                

                                           

                                                

Photo_15

                                              

                                                

                                                

                                                

これはほとんどもみじ、秋に来ればすごい景色が見られるんだろうね。

さらに境内を抜けていく。

Photo_16

                                                

                                                

                                                 

                                                

2

さすが北摂の名刹、立派なお寺です。

                                                

                                                 

                                                

3                                                

                                             

                                           

                                                

                                             

さて帰りは自然研究路という道を通ってみる。

この道がなかなか走りやすくて気持ちのいい道。

おまけに自然研究路というだけあって、このあたりの植物や動物に

関しての説明が随所に見られ、これを読んでいると、走るのを

忘れそうにもなる。

自然研究路5号と4号を走るともとの政の茶屋へ戻ってくる。

ここからは車道を下る。箕面大滝から阪急箕面駅へ。

Photo_17

                                              

                                              

                                             

                                              

箕面と言えばスパガーデンだが今日は阪急で一駅の牧落にある

百楽湯へ行ってみた。しか~し、なんと営業は5時からだって。

まだ4時過ぎ・・・、仕方がないのでコンビニでビールを仕入れて

先に一杯やって時間待ち。

ようやく開店の頃を見はからって入浴、さっぱりしました。

しかしこの銭湯、昔の銭湯そのまんま、1980年代のポスターも

そのまま張ってあるし、女将さんみたいな方に話をうかがうと

いきなり、もうだめですわとのこと。

かなり経営は苦しいみたいですね。

箕面を走るトレイルランナーをねらっても人数限られているかな?

確かにどこの町でも銭湯がどんどん廃業に追い込まれているみたいで

寂しいことです。

« 六甲横走路 | トップページ | 奥多摩トレイルラン@ハセツネ試走 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

先週末は大変暑かったですよね。
箕面は大阪平野の西端なので、住宅街からすぐにトレイルにアクセスできて、おまけに寺院や観光名所が多くていいですよね。

私も丁度一年前にUMMLマラニックで箕面から東海道自然歩道、勝尾寺、北摂霊園、忍頂寺を経て茨木市の総持寺までのコースを走りました。
当日は集合場所の箕面駅まで自宅からラン(約35km)。
この日も暑くて、走り終わった後のビールが最高でした。

今月末の六甲マラニック、楽しみにしています。

箕面...良いですよね。

長野マラソン前の妙見山マラニックでこのあたりを走ったのですが、基本は舗装路でした。次回は横道にそれて山や寺ををゆっくりと堪能したいものです。

紅葉のてんぷらと地ビールで〆ですね。

もっくん
箕面は六甲とまた違った森の雰囲気でいいですね。以前に水無瀬からポンポン山を経て高槻まで行ったことがあるんですが、いつか今回のコースとつなげてみたいですね。
東海自然歩道マラニックということになるかな。
おんたけがんばってください。
六甲マラニック、よろしくです。

ボガさん
うん、山道で妙見まで行きたいです。
地ビールがおいしいらしいですね。
しかし、もみじのてんぷらは売っていたけど今の時期は緑の葉っぱなんやろか、紅葉を冷凍保存かな。

私の頭の中では箕面といえば妙見山しか思い当たりません。こんな別ルートがあるとは驚きです。
でも妙見往復42キロはええ練習になりますよ。
ジャンさんの嫌いな前面舗装路ですが・・・。

tacocoさん
今回でけっこう箕面の山のファンになりました。妙見までの山道は地図を見る限りないのですがホントにないのかな・・・、舗装路を走るのはご遠慮申し上げますが、これからもう少し箕面の周りの山を探検しようかな、そして東海自然歩道を竜王山からぽんぽん山へ足を伸ばせばけっこうな縦走路になりそうです。

お~!こんなステキなルートがあったとは。
このトンネル見ました見ました!!
ここを曲がればよいのですね。
よ~し。今度は地図持参で行くぞ!!
先日ここを走ったときは、私たちも牧落の百楽湯に行く予定にしていました。
でも、尼から箕面まであまりにとばして走りすぎて、阪急箕面駅に着いたときにはもう1歩たりとも走りたくなくて、1駅電車で移動することに…。
乾杯は十三で餃子、と決めており、臭い体のまま電車に乗ったのならこのまま十三まで行ってしまえ!と結局百楽湯には寄りませんでした。
調べた情報によるとなんとも風情のある銭湯のように思えたので一度行ってみたいです。
それまでに潰れていませんように…。

かおりん
百楽湯は風情という意味では文句はありませんが、いかんせん建物、設備がかなり痛んでいるようで、リニューアルするならターゲットを決めて一新したほうがいいとは思いますが、近くにはスパガーデンがあるし、難しいようですね。かといっていつまでもご近所さんの社交場では厳しいようです。
いっそのこと箕面のランニングステーションになってもらいましょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/45609756

この記事へのトラックバック一覧です: 箕面散歩:

« 六甲横走路 | トップページ | 奥多摩トレイルラン@ハセツネ試走 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ