最近のトラックバック

« 京都でウルトラ対策ロング練習会 | トップページ | 六甲全山縦走往復 »

水都大阪 渡船マラニック

大阪には渡し舟がある。

区で言えば大正区、港区、この二つの区は

言わば川に囲まれた島。

もちろん橋はいくつもかかっているが、

同時に渡船も運行されている。

港湾内を往来する船を通す為に橋の高さがかなり高くなるため、

歩行者や自転車が通行しようとすると無理があるところから

渡船が利用されているそうだ。

昭和10年頃にほとんどが市の直営になったのだが

渡船場31箇所、保有船舶69隻もあったらしい。

現在は8箇所に減ってしまったが、地元の人たちの足として

欠かせないものであるとともに、繁華街や観光地では

見られない、普段着の大阪に触れることができるスポット

として、静かな人気を呼んでいるそうだ。

さてこの8箇所の渡船をすべて利用しようという

イベントに参加、もちろん渡船と渡船の間は

すべてランニングでつなぐ、題して”渡し船マラニック”。

このレトロな響きにつられて14名もの物好きが大正駅に集合。

まずは木津川をわたる落合上渡し。

Photo

一番上流の渡しです。

すぐ北には 木津川水門がある。

こんな船です。

ここを渡ると西成区。

しかし10分以上待って

乗船時間1分ほど、

これって・・・。

少し走って次は落合下渡し。

Photo_2

大正区へ戻る。

次の船まで

あんまり時間がない、

飛ばせ~っ!

             

           

              

千本松渡し。

Photo_3

再び西成区。

名前からすると昔は

松がいっぱい生えていて

その間から渡し舟が

ぎぃ~こ、ぎぃ~こ

と漕ぎ出て行く絵を

想像してしまいました。

渡船の上空35mには千本松大橋がかかっています。

その高さまで上るのに橋の両側はぐるぐる円形のスロープ

になっていて通称めがね橋と呼ばれているそうです。

確かに歩行者があそこまで上って橋を渡っていたら

何分かかるかわかりませんね。

走りながら住之江区へ入る。

次は木津川渡し。

Photo_4

ここは渡船に乗るみんなと

別れてMっくん、Mチョと

三人で橋を走って渡る。

橋まで駆け上がるのが

つらい、心臓バコバコ。

下りるほうはめがね橋同様、

円形スロープでくるくる下りてくる。

目が廻りそうだし、やな感じ。

下りたところにこんな物が。

Photo_6

飛行場だって。

大正12年から昭和14年まで

この辺にあった水上機、

陸上機両方の飛行場

だそうだ。

              

              

下りるとまたもや大正区。

船町渡し。一番短い航路の渡船です。

Photo_7                    

                 

                  

                  

                  

                 

                   

                

千歳渡し。

Photo_10

ここは珍しく、元々あった

橋を撤去した時に

新しく設けられた

渡船だそうです。

港湾整備のため

のようですね。

               

次は甚兵衛渡し。

Photo_8

港区に侵入。

ここは人の名前がついていて、

そのいわれを調べてみると、

この川岸にはハゼの木が

数千本も植えられていて

紅葉の季節にはたくさんの

人でにぎわい、紅葉狩りと

称しての宴会もよく開かれていた。

そんな客を目あての甚兵衛の小屋という茶店があって

そこから甚兵衛渡しと呼ばれるようになったそうだ。

次は天保山渡し。

有名な日本で一番低い山です。標高4.53メートル。

2等三角点があり国土地理院発行の地形図にも

山名がのっている立派な山です。

どころか山岳会も結成され登山認定書も発行されるし、

なんと山岳救助隊まであるそうだ。

遭難者(三角点を見つけられない人)を案内するのが

主な活動らしい。遊び心があっていいですね。

ここを渡ると此花区。

ユニバーサルシティ駅そばのコンビニで給水、一服。

USJへ向かう人でにぎわっている。

さて次に向かうは安治川トンネル。

走り出したが影がなく暑い。

走って止まってを繰り返しているから足も重い。

ようやく到着。

Photo_9

ここも元々は渡し舟があったが

廃止されトンネルに

変わってしまったところ。

つまり川底の下を

通っているトンネルです。

かなり交通量は

多いみたいだ。

さあ今日の入浴は道頓堀、ビールを頭に描きながらラストスパートだ。

さっぱりした後は王将で乾杯。

主催のKやん、お疲れさんでした。

延長戦も含めて楽しいイベントありがとさんでした。

« 京都でウルトラ対策ロング練習会 | トップページ | 六甲全山縦走往復 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

渡し船マラニック、お疲れ様でした。
9月だというのにまだまだ暑かったですね!
打ち上げのビールが美味すぎていけませんな〜。

お疲れさまでした。暑かったですね。
さすが~よく調べておられるようで...
5月の時は最初の落合上渡船場で大阪市建設局渡船事務所が刊行している「大阪の渡し場 いま むかし」というパンフをいただきました。そこには、今は廃止となった渡し場跡の地図などがありますので興味津々です。
いつか裏ネタとして「渡し場跡マラニック」っていかがでしょうか?

もっくん
やはり川のまわりは何℃か温度が低いんでしょうね。
川から離れると暑くて暑くて。
その分ビールがうまいからいっか。

ボガさん
一緒にまわったちゃりんこ軍団もそうですが
いろりろ調べていてもけっこう人気があるのにびっくりしました。
あんまり足を踏み入れたことのない大阪を見れて面白かったです。

一風変わった楽しさのマラニックでしたね。
ここに来ると走った軌跡をアカデミックに検証できるから、嬉しいです。
色々と多才な方が多彩でほんまに最強のメンバーやわ。
この年齢になってこんな素敵な出会いがあるなんて、人生は2009年ペナントレースみたいに面白いわ。

tacocoさん
あんまりおだてるとおバカな3兄弟はまたどっかの木に登りだしますよ。
そこかしこのトラさんたちは面白い2009年ペナントレースの筋書きを勝手に想像し始めているんでしょうね。
あんまり面白くなっては困ります、順当に行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/46210029

この記事へのトラックバック一覧です: 水都大阪 渡船マラニック:

« 京都でウルトラ対策ロング練習会 | トップページ | 六甲全山縦走往復 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ