最近のトラックバック

« 水都大阪 渡船マラニック | トップページ | 不滅の法灯 »

六甲全山縦走往復

ハセツネが近づいてきた。

以前から最終調整は六甲全山縦走往復と夜間縦走と思っていた。

そんな話をできるのは・・・、Mっくんでした。

彼はウルトラの経験も豊富だし、もちろん六甲はしょっちゅう

うろついているしトレイルレースも数多く出場している。

ひとりでやれば絶対に途中くじけるのは目に見えている。

ぜひぜひ付き合ってもらわなければ・・・。

そんな話をしているとけっこうその気!

ということでやることになった。

Mっくんが楽ランのイベントとして立ち上げてくれた。

タイトルは六甲逆縦走(宝塚→塩屋)。

ただしオプション付、それは前夜10時発で塩屋から

宝塚までの夜間走。

つまり徹夜で宝塚へ行き、そのまま朝宝塚を発って

引き返してくるというもの。

逆縦走だけの参加者は女性3名。

宝塚発は7時半の予定、前夜10時スタートだと

前半9時間半で行かなければならない。

夜間走、そして往復を考えるとちょっと苦しいかなと思い、

スタートを9時半にしてもらう。

メールで女性一人欠場の連絡。

塩屋へ向かう電車の中でMっくんと出会う。

いよいよスタート。

塩屋の市街を抜けるとすぐ山道、真っ暗です。

ヘッドライト点灯。

思ったよりよく見える、しかし当たり前だが照らされている所

以外は真っ暗。すごく集中します。

いつもの縦走より時間が速く流れる感じ。

目の前の土、岩、草を見つめながら道程が進んでいく。

しかし下りのスピードは落とさざるをえない。

かなり恐怖感を感じる。

つまり、明るい時は直接見ているところ以外にいかに

視界でまわりの情報をつかんでいるのがよくわかる。

序盤のメインイベント、須磨アルプスの馬の背も

まわりが見えなければただの道。

高取山、菊水山、鍋蓋山と順調に進んでいく。

Photo

鍋蓋山

予定の10時間では

いけそうだな、

などと言いながら一服。

神戸の100万ドルの夜景が

1万ドルずつ程度が時々見える。大龍寺山門、市ヶ原、摩耶山、ガーデンテラス

そして最高峰。

Photo_2

夜の写真は全然

面白くないね。

                 

                  

そろそろ空が明るくなってきた。

宝塚への下りは明るいところを走れそうだ。

7時20分宝塚温泉到着。

往路9時間50分。

宝塚温泉前でへたっているとJママとKばっちさん到着。

誰も来なかったらMっくんと二人でビール飲んで

帰っていたかも・・・。

これは二人の共通意見です。

さぁ、気持ちを切り替えて、復路だ。

余裕なんて全然無い、足がどこまで持つか、

気持ちがいつ萎えるか、それだけです。

塩尾寺への登りで置いていかれそうになる。

女性二人は元気、当たり前か。

Kばっちさんは東六甲の登りもどんどん行く、Mっくんが追う。

Jママは練習不足もありちょっと辛そう。

何とか最高峰までは行ったが、そこから下山。

あとは三人行。

Photo_3

摩耶山掬星台。

100万ドルの夜景は

ここからの景色。

昨夜も綺麗かったよ。

などとといいつつ通過。

天狗坂、稲妻坂と厳しい下りを行く。

この頃は足も麻痺してきたのか、けっこう調子よく下れる。

しかし鍋蓋、菊水を越えた頃からどうしようもなく辛く

高取山にかかる頃には最高潮。

しゃべる気もうせて、ただもくもくと進むだけ。

何とか妙法寺を抜け、東山へかかったところでKばっちさんが

時間の都合で下山、遅くてすいませんでした。

彼女は強かった、普通に縦走すればゆうゆう完走でしょう。

もう後はたどり着くだけ。

そして8時数分前、スタートから約22時間30分、ついに

塩屋駅まで帰ってきた。

距離にして約90キロ、累積標高約6400メートル。

ハセツネに向かって大きな自信になりました。

Mっくん、Kばっちさん、Jママ みんなに”ありがとう”です。

« 水都大阪 渡船マラニック | トップページ | 不滅の法灯 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

六甲縦走往復におつきあいくださり、ありがとうございます。

宝塚についたら軽くビールで往路ゴールの祝杯をあげてもいいかなと考えていましたが、あの状態で飲んでいたらその場であるいは途中でやめてしまっていたかも。

アイス最中での祝杯にしといてよかったですね。

う~ん...ありえない!
よくぞご無事で帰還なされました。
縦走さえしたことないので、その往復って言うのが想像できません。

いよいよハセツネですね。この調子だと余裕で走破できそうじゃないですか。

ふぇぇ~~!!

驚異じゃぁ~~。

凄すぎて感想も出ませんよ^^;

とにかくハセツネがんばって^^

もっくん
こちらこそありがとうございました。
たぶんビールはどこであろうと飲んだとたんに
終わっていたと思います。
でもアイスがうまかったです。
やみつきになりそう。

ボガさん
とりあえずたどり着けそうな自信はできたような・・・。
あとは少しでもスピードですね。
アドレナリン大分泌して、つぶれないように頑張ります。

Dさん
いつ止めようか、いつ止めようか、だれもやめるといわないし、
自分から終わりとは言いたくないし、と思っているうちに
終わっていました。
やっぱりみなさんのおかげです。
ハセツネまでは、ちゃんと養生します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/46294463

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲全山縦走往復:

« 水都大阪 渡船マラニック | トップページ | 不滅の法灯 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ