最近のトラックバック

« 醍醐から大津へ、歴史がいっぱい | トップページ | 今年の篠山は »

マラソンの前に篠山で

2月28日、ランニング界は東京マラソンで爆発していますが、

1週間後に控えている篠山マラソンの前に篠山を

訪れることになった。

というのは、嫁が珍しい植物の群落地が篠山にあって

今週咲いているかもということで行くことになった。

急ぐ旅でもないしと、高速にも乗らずに地道をちんたら

走っていく。

そういえば舞鶴道が出来るまでは、スキーもいつもこの道で

行っていたよなぁ、二十年ほどたつけどあんまり景色は

変わっていないね。都市圏では考えられないけど・・・。

篠山口を過ぎてもう少し北上したところに追手神社というのが

あって、ここのそばに車を止め、うろうろしだす。

とりあえず神社を見学。

Photo

地名で言うと丹南町

大山宮地区。

                

神社に入るなり

巨大な神木が目に付く。

Photo_2

大きなもみの木です。

千年もみといわれて

いるんですが、千年が

ほんとかどうかは

・・・。

              

               

                                                    

                                      

境内には夫婦イチョウと呼ばれる二本の大きなイチョウもあり、

こちらは樹齢350年といわれています。

どちらもこの神社と共に世の変遷を見てきたんでしょう。

さてさてこの神社の奥から小道があって、この小道は、

ちょっとした斜面沿いに続いている。

どうやらこの斜面が例の花の群落地らしい。

これがお目当てのお花。

Photo_3

だいぶ探しましたが、

残念ながらすべて

つぼみどまり。

あと2,3日かも・・・、

もしかしたら来週の

篠山マラソンのあとに見にきたら見れるかもね。

でも素晴らしいのはこの貴重な植物をこの地域の人たちが

力をあわせて保護しようとしていることです。

この花や他にも何種類か見ることが出来るのですが、そこは

すべて普通の民家の裏なんです。へたをすれば部屋の中まで

のぞかれそうなところにロープを張り、看板を立てて、観察も

できるようにし、この植物を守ろうとしています。

おかげで消滅の危機にあったこの花たちはわずかであるが

増加の方向にあるとの報告も出てきたようです。

Photo_4

               

誰かさんは撮影に必死です。

                  

                  

                    

                     

まわりではそろそろ梅が咲き出していますね。

さて今日の予定はこの近くの金山という山へ行ってみようと

思っていたのだが、天候ももうひとつ思わしくないので、

篠山の市街を走ることにする。

その前にちょっと腹ごしらえ。

篠山には最近、著名な蕎麦屋が何軒かあるが、そのうちの

一軒、”一真坊”へ行ってみた。

Photo_5

こんなところです。

農家を改造してやって

おられるようです。

                

             

                                     

久しぶりに美味しい蕎麦をいただきました。

兵庫県で蕎麦といえば出石の皿そばがあります。

出石の蕎麦も美味しいのですが、ここの蕎麦は

さらに洗練された感じ、香りの立つ蕎麦なのですが、のど越しは

滑らかだし、なんといってもダシの味との調和がすばらしい。

とろろもりを頼んだんですが、篠山の自然薯を丁寧にすり鉢で

おろしたとろろと一緒にいただくと一口でうまさが口の中で

いっぱいに広がりました。

さらにもうひとつ頼んだ鴨ごはん、鴨を使って米とそばの実と

いっしょに蒸しあげています。

素朴なお漬物と一緒に食べましたが、これもおいしかった。

鴨南蛮も、おいしいらしいです。

こだわりの蕎麦屋によくあるわずかの量でべらぼうに高い

というようなこともなく、ボリューム的にも十分、値段の方も

まぁまぁで、大満足でした。

山往きを中止したので、酒蔵もまわろうかと近くにあった「秀月」

を訪ねた。

Photo_6 

ちいさな酒蔵で、

例によって、しぼりたて

生原酒を購入。              

                     

脂っこい料理にも負けない、しっかりした日本酒でした。                     

さて、お濠近くに車を止め、東側に広がる妻入り商家の町並みを

見て歩く、いや、走る。 Photo_9  

中を少しのぞく。

ここ篠山には春日神社が

あり、奈良の春日大社の

分祠。

祭りの季節には京都の祇園祭の影響を受けた4基の神輿と

9基の山鉾が巡行するらしい。

Photo_8

古い町並みの残る篠山での

巡行は本場の祇園祭よりも

情緒があると言われている

そうだ。

                 

篠山川をへだてて向こうに見えるは、高城山。

Photo_10

織田信長の命を受けた

明智光秀が攻めた丹波の

豪族、波多野氏の居城、

八上城があった山です。

                   

今日行こうとしていた金山には八上城を攻める為に光秀が、

拠点として築いた城があったそうな。

面白そうな物がいっぱいだ。

Photo_13

お稲荷さんがあります。

まけきらい稲荷だって。

王地山公園の一角にある

勝利守護の神様。

藩主青山忠裕が

老中だったころ、領内のお稲荷さんが力士に化けて

将軍上覧の大相撲で優勝し、負けきらいの殿様を大いに

喜ばせたことに感謝して奉られたのが起こりという。

このあたりにはまけきらいの湯だとかまけきらい坂

なんていうのもありました。      

Photo_12さてもう一軒酒蔵。

気にいってるお酒、鳳鳴です。

ここでは酒蔵見学もして

またもや生原酒を購入。

純米吟醸です。

さあ来週は篠山マラソンです。

今シーズンのマラソンの最終レースです。

というほど出場してないか・・・。

そろそろトレイルシーズンの始まりだよ。

  

« 醍醐から大津へ、歴史がいっぱい | トップページ | 今年の篠山は »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

丹波篠山は名前は知っているのですが、訪れたことはありません。なかなか風情のあるところなんですね。shine機会があれば行ってみたいなぁ…。

お蕎麦も美味しそうですね。delicious

篠山ABCでしたっけ?マラソンの前に図らずも「負け嫌い」に参拝できたわけですから、これは期待できそうですね。scissorsがんばってください!

蕎麦に鴨ごはんに旨そうっすね~。
篠山マラソン頑張って下さい!

そして、いよいよトレイルシーズンの始まりですね。
と言いつつ、12月も1月も2月もトレイル
走っってるんすけどね~。

↑名前書き忘れました。

たいしょうさん、
篠山はマラソンを始める前から何回か来ていて、気に入っている場所です。街並みも情緒があるし、黒豆、自然薯、おいしいものがいっぱいあるし、気に入っているお酒もあるし、神戸から車で一時間ほどで来れるし、マラソンのコースとしても気に入っています。つまり言うことなしですわ。

ゴローさん、
温度が上がってきて、一つ間違えると脱水症状がおきるし、足の痙攣と背中合わせで走る状態が続いたり、そんな中で山には緑が増えてどんどん美しくなっていくし、もうわくわくしています。
いっぱい山へ行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/47688576

この記事へのトラックバック一覧です: マラソンの前に篠山で:

« 醍醐から大津へ、歴史がいっぱい | トップページ | 今年の篠山は »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ