最近のトラックバック

« ぶらっと高知 | トップページ | ぶらっととはいかない六甲全山縦走 »

六甲花見とトレイル

ラントレ関西のイベントで、トレイルランと花見をからめて

六甲山を走ってきた。

集合は阪急六甲、集まったのはなんと29人。すごい!

まずは桜の名所のひとつ、護国神社までゆっくりジョグ。

Photo

しかし、半分以上名前も

わからないのでここで

簡単に自己紹介と

ストレッチを行なって

いざ出発。

まずは摩耶ケーブル下駅から南へ続く桜のトンネルへ。

見事な淡いピンクのトンネルが出来ている。

これを見物しようと南向きの一方通行を車が次から次から

下りてくる。

Photo_2

その間隙をぬい写真撮影を

しながら登っていく。

さあ、ケーブル下駅の横から

いよいよトレイルです。

今日は、もっくんが先頭で引っぱる。

しかし水4リッター、やかん、バーナーなど巨大な荷物を

背負いながら、結構なスピードです。

汗だくになりながらケーブル上駅に到着。

ここからロープウェーに乗れば掬星台まであっという間ですが

今日のイベントのオプションとして、ケーブル、ロープウェーの

利用というのはありましたが、さすがに健脚ぞろい(?)の

トレイルランナーとしては乗るわけにもいきません。

さらに登ると長々と続く石段、旧摩耶山天上寺への参詣道です。

天上寺は日本で唯一釈迦の生母摩耶夫人を本尊とするお寺です。

残念なことに昭和51年、賽銭泥棒が放火した為に仁王門を残して

焼失してしまいました。

今は史跡公園になっていて、天上寺自体はオテル・ド・摩耶の近く

摩耶別山に新しく再建されています。

その公園で一服したあと、掬星台まで登ってしまう。

日本三大夜景のひとつ、一千万ドルの夜景と称されるのはここ

掬星台からの夜景です。

手で星を掬(すく)ったほどの絶景という意味です。

ぜひ夜に来てみて下さい。

もちろんトレイルを夜間走で。

掬星台で思い思いに食糧補給、写真撮影したあとは穂高湖へ。

軽井沢の大正池に似ているとも言われますが、ちょっと無理が

あるような気が・・・。

湖をぐるっとまわってシェール道へ出る。

六甲山にはカタカナの地名、道の名が数多くある。

修験道の山であった六甲が現在のように開けた山になるのは

明治時代に神戸に来ていた外国人たちがレクリェーションの場を

六甲山に求めたことに始まる。

ゴルフしかり、ハイキングしかり。

だからハイキング道には彼らのつけた名前がたくさん残っている。

シュラインロード、ノースロード、サウスロードなどなど。

シェール道もそのひとつで、シェールさんお気に入りの道だった

そうです。

それから100年以上経った現在でもジャンさん(これは日本人)が

お気に入りの道です。

ここからシェール道、トゥエンティクロスを経て市ヶ原まで走ると

10キロ近くに及ぶ緩やかな下りで、トレイルランニング・ハイ

状態を体験できそうな道です。

この道を長いトレイン・トレイルランです。

あんまり混雑する道ではないですが、今日はハイカーさんは

いつもよりも少ないみたいだ。

何回か渡渉の場面がありましたが、昨日までの雨でかなり水量が

多くなっている。どうしてもシューズが濡れる箇所もありましたが

気持ちよく下っていく。

森林植物園の東門への分岐付近から北ドントリッジへ向かう。

ここもドントさんが愛した尾根です。

ここから南ドントリッジにかけて若干のアップダウンが続きます。

かなり足にきている人も出てきました。  がんばれ!

ようやく再度公園に到着。

近くにある再度山大龍寺、弘法大師が入唐前と入唐後に

来られたことからこの名前がついています。

そして公園内にある池の周りは大師が修行されたことから

修法ヶ原と呼ばれています。

縦走路へでて少し進みお大師道へ入る。

大龍寺への参道です。

一気に下り諏訪山公園へ、ここもちょっとした桜の名所です。

めいめい、買出しや風呂、着替えなどの後、お花見です。

またまたバーナーが登場、いろいろ珍味もいただけました。

少し寒かったですが、ものともせずけっこう飲みました。

とにもかくにも大人数にもかかわらず、怪我も無く、全員

戻ってこれてよかったですね。

皆様お疲れ様でした。

« ぶらっと高知 | トップページ | ぶらっととはいかない六甲全山縦走 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

sadいいなぁ…。うらやましいなぁ…。weep

ってことで4月30日に六甲に乗り込みます!happy02
今、29日の宿を予約しましたよ。good
楽しみだなぁ。shine

楽しい1日でした。
どんどん六甲が好きになってます。
また走りたいコースでした。
おつかれさま。

たいしょうさん
30日、おつきあいしましょうか。
その方向で調整してみます。

マコトさん
いつも走っているところを気に入ってもらうっていうのはうれしいモンですね。
このコースに裏六甲をくっつけたり、もう少し東側から登ったりすると面白くてタイトなコース設定が出来ます。
また今度走りましょう。

ありがたいお言葉。思わず甘えたいところですが、無理なさらないでください。GWですから、ご家族と過ごす時間も必要でしょうから…。coldsweats01

地図を見ながら、なるちゃんのガイドでも十分楽しめるはずですから…。coldsweats01

でも、もし可能なら、もしも可能なら…よろしくお願いします。shine

不思議な名前がついてるので 気になっていたのですが 判ってうれしいです。面白いですねぇ。 他の地区では考えられないくらい細かく名前がついている上に由来が 神戸ならではですよね。 

相方も言っていますが 再訪予定を立てました。 とっても楽しかったですから。

たいしょうさん
行き届いたお言葉ありがとうございます。
何とか行けると思いますので、よろしくお願いします。

naruさん
私も最初は気になって一所懸命調べました。修験道絡みの名前も結構あって面白いですよ。
30日は調子がよければジャンママもおじゃまするかもしれませんのでよろしくお願いします。

うれしいです。 なにごとにも先達はあらまほしきことなり。ですよね。心強いです。
前日東山で走ってからですので ユルユルになっちゃうかもしれませんが よろしくお願いします。ジャンママさんと一緒にいろいろ教えてもらいながらハイクもいいなぁ。 楽しみにしてます。

naruさん
ユルユルも望むところです。
春の六甲山にどっぷりつかりましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/48015700

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲花見とトレイル:

« ぶらっと高知 | トップページ | ぶらっととはいかない六甲全山縦走 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ