最近のトラックバック

« たいしょうさんと六甲山 | トップページ | なかはなかなかいいいなか »

地下足袋王子杯つるぎトレイルランニングレースin那賀

”なかはなかなかいいいなか”

道路わきにある案内板にこう書いてあった。

どう読むかというと、”那賀はなかなか良い田舎”

その通り、那賀は良いところでした。

が、レースの方はさんざんでした。

2、3日前から風邪気味だったので見送る事も考えたのですが、

剣山、ジロウギュウを見れると思い、参加することに。

しかし走ってみると体は動かず、数少ないトレイルでつまずいて

転倒、両膝打撲、つま先とふくらはぎが何故かしびれている。

おまけに顔を土に突っ込み、メガネがいがむし、しばらく

動けない。

ようやく痛みも治まって動き出しはしたものの、延々続く林道に

こころは折れてしまいました。

非舗装率95%とはいえ、ほとんどが硬くつきかためられた土と

砕石だらけの林道ではつらすぎる。

ふと気がつけば第1関門の制限時間と距離を計算すると

微妙なところまで追い込まれてしまっていた。

気をとり直して走り出すが、36キロの関門手前も長く続く

だらだら登りの林道、数分でしたが間に合いませんでした。

関門タイムアウトは初めての経験ですが、悔しいというか

今回は何しに来たのかという思いです。

体調不良の中、楽しみにしていた数少ないトレイルにも

入りも出来ずに帰ることになってしまった。

体調管理をちゃんと出来なかった自業自得ではあるけれど、

精神的なタフさも要求されるコースですね。

もう一度このコースを走ることはないとは思うけど

剣山、ジロウギュウには登りに来たいな。

« たいしょうさんと六甲山 | トップページ | なかはなかなかいいいなか »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

怪我の方は大丈夫ですか?
関門も残念でしたね。

林道をトレイルといって開催される大会が多いですね。
運営する方からすれば物資や人を動かしやすいからでしょうが、
確かにこれが延々続くと嫌になりますよね。

来月はみかた残酷、その前に六甲ジグザグ行きますか?

時にはそういうこともあるんや・・・・・。

こないだから少々、疲れ気味の様子やったし。

無理は禁物。

ゆっくり休んで、体調と怪我を治して頂戴^^。

体もですが、心が折れると人間本当にパワーが出なくなりますよね。bearingおまけに関門アウトになるとさらに心が凹んじゃいますね。weep

体を治すとともに心もすっきりさせて、次は気持ちよく走れるといいですね。up

もっくん
トレイルの人気のせいですね。
林道ならまだましな方で、舗装路がほとんどであっても高低差があればトレイルなんて言っているところもあるくらいですもんね。
林道マラソン、とか坂道マラソンとか言って欲しいくらいですわ。
みかた残酷はちょっと都合が悪くなり、不参加になりそうです。

Dさん
こういうこともありました。
しかしやっぱり関門タイムアウトはかっこ悪いですわ。
次、がんばります。

たいしょうさん
今回はなんともはや、という感じです。
でも那賀町はすごくいい所だったですよ。
那珂川、坂州木頭川はすごい渓谷ですし、今にも動き出しそうな巨岩がごろごろしていました。
そして水が多くて道を車で走っていてもいたるところに小さな瀧があって、それぞれがいろんな景色をかもしだしていました。
ジロウギュウまで走れて、頂上の絶景を見ていれば幸せ一杯で帰ってこれたとは思いますが、全部自分のせいですから仕方ないですね。
スパッと切り替えてどこか走りに行きますわ。

おつかれさま。だいじょうぶでしたか?

四国の山ってぜんぜん知らなかったのですが、写真で見るとすごくきれいな稜線ですね。

2000メートル近い天上のトレールランなんていいでしょうね。


みひろさん
四国の山では、石鎚山と剣山はいわゆる山屋さんの話でも、あこがれみたいですから、すごく楽しみにしていたんですが、こんな次第になってしまいました。
ジロウギュウは開けた天空の尾根という感じだそうです。
林道からみる山々も信州とまでは言いませんが、けっこうな迫力でした。
2000メートル以上のところにある山小屋を根城に、その付近の山を走り回ったら、気持ちいいだろうなぁとずっと思っています。

風邪と怪我...いかがですか?

お互い目一杯休養してから楽しそうなトレイル行きたいですね。

しかしながらこの1年間に何回ほど四国に行ってるかな?
四国出身の私は1年以上瀬戸内海を渡ってないし。

おつかれさまでした。
怪我の方は大丈夫ですか?

私もこのレースはすごく迷ってたんですが
林道がダラダラ続くのとかはかなりしんどいですね。
熊野古道マウンテンランレースもそんな感じでした。
けもの道のようなトレイルは少しありましたが・・。
トレイルと坂道の走り方は全然ちがいますから
その辺ははっきりしといてほしいですね。

寝床のご提供、有難うございました。顔面から突っ込んだと聞いていたんで、大丈夫かと・・・
ほんとエイドまでが長すぎて僕も心折れかけました。
ただジロウギュウは絶景でした。
エイド・ゴールまでの距離が不明だった、ゴール地点に水がない、砂利道レース、てのが少し残念でした。
ゆっくり治して下さい。

ボガさん
ほんとですね、松山に高知に、徳島ですね。
四国ばっかりや。
そういえば、去年は和歌山ばっかりやったし、
なんか集中するようですね。
残るは高松か、香川県の山でも走りますか?

こばっちさん
林道が多いのはわかっていたんですが、ジロウギュウに魅かれて行きましたが、単調な林道は、精神的に予想以上につらかったです。
関西のレースはこんなのが多いのかな。
山へのアクセスが良すぎるので普通の登山道でレースをするのが難しいのかもしれませんね。

ニキタン
お疲れ様でした。
顔からいったんですがやわらかい土だったのでめがねがいがんだぐらいで、まだましでした。
案内されていた地図や高低表と実際のエイドの位置とかだいぶ違っていましたし、ゴールに水もなかったんですか?
駐車場ももうひとつはっきりしなかったし、少し残念なところもありましたね。
まぁ第一回だから仕方ないか。

ジャンさんも体調不良の中、強行出場でしたか!

俺も体調不良で挑んだ半鯖ボロボロでした~。

がこれもまたいい経験やと思って、
次に繋げていけたらと思います。

悟空さん
なかなか壮絶なレースをされたようですな。
しんどければしんどいほど感動するというのがわかってくると、どんどんMの方へ行ってしまいますよ。
よくよく気をつけてください。
でもそれもまた楽しいことですけど・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/48381576

この記事へのトラックバック一覧です: 地下足袋王子杯つるぎトレイルランニングレースin那賀:

« たいしょうさんと六甲山 | トップページ | なかはなかなかいいいなか »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ