最近のトラックバック

« 龍馬&幕末 京都観光マラニック | トップページ | 地下足袋王子杯つるぎトレイルランニングレースin那賀 »

たいしょうさんと六甲山

ゴールデンウィーク、イベントが多すぎて記事が追いつきません。

二日目、なんと三重県からTRAIL RUNのお客様、たいしょうさん、

ナルさんご夫妻をお迎えして六甲山をご案内です。

お二人は前日にも京都でトレランのイベントがあり30キロ

走られているとのことなので、少し控えて24,5キロで

コースを考えました。

マニアックなところも考えましたが、初めての六甲山ということ

なので、王道で行きましょう。

阪急芦屋川から取っ付き、風吹岩、雨ヶ峠、七曲り、一軒茶屋

最高峰でお昼です。

Photo

道中、見上げると

緑がきれい。

            

            

                   

道々、お話をうかがうとこのゴールデンウィークは、京都、神戸

名古屋、大阪と予定がめじろおしで、近鉄の格安チケットを

フル活用して飛び回られるようです。

ほんとアクティブなご夫婦です、見習わなければね。

最高峰からは西へ向かい小さいピークを越えていく。

ガーデンテラスでちょっと一服。

さらに神戸ゴルフ、記念碑台、丁字ヶ辻、と進み、西六甲

ドライブウェイから自然の家へ向かう途中で、この日、

六甲全山縦走に挑戦しているラントレ関西の猛者連、

オカ☆モトライダーさん、しょさん、ニキタン、カッシーさん

の4人と遭遇。

速ければ、ガーデンテラスぐらいで出会うかなと思っていましたが

いろいろあって、遅れているようです。

掬星台で合流する予定で待っていた女性軍にも待ちきれなくて

置いていかれたそうです。  

山の中で仲間に会うと、すごい力をもらえます。

がんばりましょうね。

この辺でナルさんが足底筋にそろそろきだしたそうで、

掬星台からロープウェイでエスケープするとのこと。

杣谷峠でジャンママが待っているのでそこでタッチ交代

になりました。

実は去年の暮れの東山36峰でジャンママが作った

バナナケーキをお渡ししたのですが、それをいたく

気に入っていただいたようで、それ以来というか、本日が

初対面でした。

そこからは穂高湖へ降りてシェール道へ入る。

Photo_2

若葉が増えてきて

そろそろ木洩れ日の

トンネルの雰囲気も

でてきています。

さあここからは穏やかな

下りのトレイル。

走ったり、歩いたり、写真を撮ったりしてゆっくり進みます。

本日のメインコースでしたがナルさん残念です。

もう少し距離短かった方が良かったかな。

でも花見の時にほとんど同じコースを走られているので

いいですよね。また今度いらして下さい。

徳川道へ入り、森林植物園前を過ぎると、ここからは

ナルさんもまだ走っていない道です。

途中でちょっとした広場で燃料補給。

その昔、市が開かれていたという市ヶ原へでてきた。

この辺ではジャンママがアケビの花や六甲には珍しい

花を見つけたりしたので、たいしょうさんもいろいろ

写真撮影。植物にも興味をお持ちのようです。

さらに下っていくといよいよ布引の瀧へ。

Photo_3

たいしょうさん、

都会のすぐそばに

こんな瀧や渓谷が

あることに感激

されていました。

新神戸まで出て、

再びナルさんと合流。

二宮温泉でさっぱりしてから、

ちょこっと一杯。

たいしょうさんはこれから車の運転なので飲めません。

ナルさんがその分を引き受けて?いろいろお話を

聞かせていただきました。

また神戸におこしの節は六甲行きましょうね。

今度は少しマニアックなところで・・・。

« 龍馬&幕末 京都観光マラニック | トップページ | 地下足袋王子杯つるぎトレイルランニングレースin那賀 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

本当にいろいろありがとうございました。shineおかげでとても楽しませていただきました。happy02初めての六甲山。山にはそれぞれの個性があり、そこに住む人、歩く人にも独自の雰囲気があるものですね。flair京都東山、六甲、生駒とはしごをして、改めて感じました。

三重の山ともまた違います。fuji都会からすぐに山になり、それなのに渓谷あり、岩場あり、川あり、急登あり、気持ちの良いトレイルあり…と実に多様な顔を持つのが六甲ですね。時々出会う構造物にも歴史があって実におもしろいです。happy01もっとマニアックなコースがあるなんて…。そそられますね。coldsweats01

ジャンママさんにもお世話になりました。花を楽しむという新しい山の楽しみ方を、私たちももっと勉強してみようかと思います。clover

今度はぜひ三重にもお越しください。そんなに詳しくはないですけど、案内できるように勉強しておきますから。sweat01

連休動きすぎて あれこれ思い出すたびに にまにま頬がゆるみます。 いろいろ楽しかったです。

二枚目の写真 絵葉書みたいです。3Dみたいに奥行きが見えます。光がそう見せてるのかなぁ。素敵です。画像保存できそうなので貰っちゃってもいいですか。

龍馬マラニックの翌日は六甲トレイルですか。
新緑の六甲もいいですよねー。
夫婦でトレラン!たいしょうさん夫婦、Jさん夫婦ともにアクティブですね。

今度マニアックコースに連れて行ってください!

↑上記コメントに名前を忘れてました。

たいしょうさん
そうですね、山はそろぞれに顔を持っています。
だから初めての山へ行く時はわくわくですよね。
六甲は家から5分走れば山道です。
それはそれで幸せなことだとは思っていますが、逆にもっと奥深い山へのあこがれはあります。
登るのに何日もかかり、行ってしまうとおいそれと下りるわけにもいかない、それこそ本当の山だと思ってしまうこともあります。
いろんな山へ行きたいです。
百名山を踏破することに情熱を燃やしている人の気持ちもわかりますね。
是非三重の山へも行きたいです。
その節はよろしくお願いしますね。

naruさん
最後はちょっと残念でしたけど楽しかったですね。
あの写真の場所はもう少し若葉が増えてくると、
木洩れ日の中を走るトンネルのようになるんです。
秋の紅葉も素晴らしいところです。
一見の価値ありですよ。
写真はどんどん持っていってください。

もっくん
奥様もトレイルの世界へ引きずり込みましょうか。
素質は十分だと思いますが・・・。
マニアックコースは"縦走路を通らないぞマラニック"のコースのつもりなんですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/48333527

この記事へのトラックバック一覧です: たいしょうさんと六甲山:

« 龍馬&幕末 京都観光マラニック | トップページ | 地下足袋王子杯つるぎトレイルランニングレースin那賀 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ