最近のトラックバック

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

北アルプス表銀座縦走 その2

さて第二日、本日の予定は大天荘~常念小屋~常念岳~蝶槍~蝶ヶ岳ヒュッテ。

地図上の時間では8時間ちょっと、少し長丁場だ、がんばりましょう。

スタートは6時半過ぎ、右手には穂高連峰。

Photo

涸沢カールの雪が見える。

                                          

                                             

                                                 

行く手には、目指す常念岳。

Photo_2

                                                 

                                                    

                                                 

                                                

                                                

まずは東天井岳、そして横通岳、文字通り横を通ると

常念乗越、常念小屋が見えた。

Photo_3

ここでコーヒータイム、

甘い物も少し。

山の上のコーヒーも

うまいですね。

さぁ、なかなか厳しそうな

常念への登りだ。

登りは厳しいし、山の容積がでかいという感じ。

遠くから見てもそうですが、なかなか風格のある山です、

さすが百名山のひとつ。

何とかピークまで上がり、ここでお昼です。

大天荘で仕入れた弁当の寿司と山食のにゅうめんをいただく。

バーナーをセットしたのが頂上の道標のまん前だったので、

写真撮影のお願いがひっきりなし。場所を間違えたね。

さてさて、先を急ごう。

常念の下りはかなりのガレ場、大きな岩がごろごろしていたり、

砂まじりの浮石の多いところがあってなかなか歩きにくい。

道もわかりにくくて、沢へ降りかけ、危うく

ロストコースしそうになる。

その時ちょうど一緒に行動していたグループの方たちが

気がついて、何とか尾根へ戻る。

彼らは男性2人、女性4人のグループなのだが

皆さん手話で会話しておられる。

どうやら手持ちの水が残り少ない人がおられるようだ。

我々も余分に持っているわけではないが、何とか

行けそうなので、500ccのペットボトルに4分の3ほどの

お茶を渡す。

非常に喜んでいただいて、今日の目的地の蝶ヶ岳ヒュッテでは

ビールをおごってもらえるらしい。 ラッキー!

しばらく一緒に進んでいましたが、こちらが先行しだす。

蝶槍の登りまでは樹林地帯を進む。

結構虫が多くてうっとおしい。

やはり嫁は今日も登りが辛くなってきたようだ。

かなり時間が押してきた。

蝶槍を登りきり、蝶ヶ岳への緩やかな尾根道。

Photo_5

遅くなってきて人が道に

いなくなったので、ハイマツの

中から雷鳥が

出てきていた。

                           

Photo_4

                      

警戒はしているようだが

あわてて逃げ出しもせず

その姿を見せてくれた。

                      

夕食の時間も迫ってきたので

一人で先行し受付だけ済ます。

嫁も到着し、やはり生ビールで乾杯。

さっきのグループは、かなり遅れてちょっと心配しましたが、

無事到着。さっそく缶ビールをいただいてしまいました。

食事も済み、高山病についてのセミナーなどにも参加したが

テレビを見ると今日は日曜日、龍馬伝をやってる。

かなりの人数でかぶりついて見てしまいました。

ここでご就寝です。

翌朝もまた、穂高連峰の赤く輝くのを期待して日の出を待つ。

雲海に浮かぶ浅間山(だと思う)の横からのご来光。

Photo_6

見事です。

今日の山行は三股への

下りだけです。

ここの下りもかなり急。

木の根やガレ場も多い。

                                     

Photo_7

途中で見た常念と前常念、

やはり迫力です。

                   

                     

                       

やや緩やかな道になるとともに森が気持ちよくなってきます。

Photo_8

思わず走りたくなるような森だ、

やはりランナーのフィールドは

森なのかな。              

                      

                      

Photo_9

               

大木の根が面白い。

                  

                   

                   

立ち枯れの木に石が突っ込んであります。

Photo_10

何かいなと思ってよく見ると、

恐竜の頭でした。

そう、石は歯です。

思わず笑っちゃいました。

                             

Photo_11

飲める水が流れています、

かなりの低温。

汲んだコップがあっと

いう間に結露します。

そろそろ三股まで、下りてきた。

蝶ヶ岳ヒュッテから呼んでおいたタクシーもちゃんと

到着している。

車を置いている田淵行男記念館まで送ってもらう。

ついでに風呂とおいしい蕎麦の店も聞いておく。

風呂は穂高の健康温泉館へ、有明温泉から湯を引いているらしい。

かけ流しではないようだが、なんと400円、銭湯より安いね。

さっぱりしたあとは蕎麦だ。

タクシーの運ちゃんに聞いた店は”有明”という蕎麦屋。

そば街道とでも言えそうな蕎麦屋が乱立する道にあって、

かなり老舗の蕎麦屋さんのようである。

まずお茶請けに出てきた漬物がおいしい。

とろろざるそばの大盛りを注文。

だしにとろろを入れるのかと思いきや、ざるそばの上に

かかって出てきた。

細いそばだ、とろろにも味がある。

もちろん蕎麦もおいしいが、なんといってもワサビが良い。

だしの中で最後まで香りも消えなかった。

さすが安曇野の本場です。

うまい店は地元のタクシーに聞け、とよく言われますが、

あたりでした。

さああとは穂高の町を散策してから帰ろう。

穂高神社、立派な神社です。

Photo_12

この間の上高地では

ここの奥社を訪れました。

祭神は穂高見命、もともとは

九州の海人族である安曇氏の

祖神とされる海神である。

海の一族が結局山の国に根付いてしまっている。

面白い話ですね。Photo_13

          

境内の一角に

安曇比羅夫の像。

天智天皇の時代、

唐と新羅の連合軍に

攻められた百済を

助けるための派兵

を率いた人物です。

信州の一族が大和の中で大きな力を持っていたんですね。

結局この戦いは百済・大和の連合軍の大敗に終わり、

安曇比羅夫も戦死してしまったそうです。

でも国家としてはじめての海外遠征を率いた人物です。

大和朝廷が国として力を蓄えだした頃の日本の息吹を

感じる出来事です。

真夏の日本アルプスを訪れましたが、天気は安定していて

沢山、素晴らしい景色を見ることができました。

冬山に行くつもりはあんまりないけれど、季節や天候によって

百面相を演じる山の一つの姿を堪能した山行でした。

次はどこへ行こうかな。                      

         

北アルプス表銀座縦走 その1

今年は6月に上高地周辺散策、7月にはロープウェイ利用の

なんちゃって登山で木曽駒ケ岳を登った。

今度は本格的に北アルプスの表銀座と呼ばれる燕岳、大天井岳、

常念岳、蝶ヶ岳の縦走へ出かける。

土曜日早朝に燕岳の麓、中房温泉から取り付く予定。

金曜日の夕方、神戸をスタート、どこかで仮眠しなければ

ならないが、高速道路の土日割引を利用する為、高速を下りるのを

翌日にしようと駒ケ岳S.Aでおやすみタイム。

翌日、穂高町の近く、田淵行男記念館の駐車場に車を止め、朝食

着替えをすませ、すぐ隣のプラザ安曇野の駐車場にあるバス停から

4:30発の中房温泉行バスに乗る。

何ヶ所かの停留所で登山客を拾いながら6時すぎに中房温泉到着。

登山届けを提出してから登り始める。

中房温泉の標高は1450m、ここから燕山荘2700m近くまで

一気に標高を上げる。

ここは合戦尾根と呼ばれ、北アルプス三大急登のひとつに

数えられている。

高山病が出るとされる2500mを越えるので、高山順応の為にも

ゆっくり登った方が良いらしい。

この登山道には展望の良いところには第1から第3ベンチ、そして

休憩小屋と富士見ベンチがある。

Photo

第2ベンチで一服、

かなり混雑です。

                            

                                     

                                                                                        

次に休んだのが合戦小屋、ここはスイカが名物です。

Photo_2 Photo_3

一切れ(1/8)をいただく。甘くてよく冷えてうまい。

スイカは体も冷やしてくれるそうですから、こういうときには

一番です。

けど、この合戦というのはなんでしょうか?

桓武天皇の時代、蝦夷征伐で有名な坂上田村麻呂と安曇野の

伝説上の人物八面大王とがここの沢で大合戦を行ったそうである。

面白いのが、この戦いには2通りの見方があって、ひとつは

坂上田村麻呂が民をいじめる八面大王という鬼を退治したという

見方。

もうひとつは蝦夷征伐に向かう田村麻呂が貢物を強要したり

食料を強奪するのを見かねた八面大王が民のために

立ち上がったという見方。

まったく正反対です、面白いですね。

どっちかがうそなのか、どっちもが正しいような事情があったのか、

こういうのを想像するのも歴史の面白さのひとつです。

Photo_4

合戦小屋を越えると

傾斜も比較的緩くなってくる。

                 

                  

                               

目指す燕山荘が見えてくる。

Photo_8

青い空と赤い屋根と

白い雲とがすばらしい

コントラストだ。

                 

                                     

燕山荘の前までたどり着くと

息をのんだ。

Arupusu

尾根の東側こそガスが

上ってきて見えないが西側に

北アルプスの絶景が

広がっていた。

Photo_5                                   

槍ヶ岳もこれから歩く

稜線の横に見えている。

                  

                 

                                     

う~ん、すごい。

燕山荘の前でお昼にする。

バーナーで湯を沸かし、

山食カップヌードルと

おにぎりだけだが、どうしてこんなにうまいんでしょうかねぇ。

燕岳へは往復1時間で行って戻って来れるそうだが、

嫁が今日の道程全体を考えるともうひとつ自信無さそうなので

先へ進むことに。

Photo_12

さぁここからは大天井岳へ

向けての稜線歩きです。

                                    

                                       

                                                                              

Photo_6

蛙岩(げえろいわと読みます)

                  

                    

                  

                                      

Photo_7

大下りの頭

                  

                    

                     

                                     

尾根とはいえかなりのアップダウン、さすがアルプスの山々です。

山がでかい、スケールが違いますね。

それとやはり高山のせいか、少し頭痛を感じたり、急に

息苦しくなったり普通じゃない感覚があります。

道程を進めていくと嫁の登りのペースががた落ち、最後の

大天荘への急登では、数歩登っては立ち止まるの繰り返し、

かなりきているようです。

ビール、ビールとつぶやきながらやっと到着です。

受付を済ますとすぐに生ビールで乾杯!

すると隣で同じように飲んでおられた方とお話していると、

なかなか面白いお方、おんとし74歳だそうですがずっと山と

スキーをやってこられて、今でも毎年、北海道だ、シャモニーだと

行きまくっておられて登山はスキーの為の訓練だそうです。

そして今日岩場を駆け降りるトレイルランナーを見たそうで

"あのカモシカ野郎"とちょっと畏敬の念をこめて言って

おられたのでこっちも調子に乗って、私も神戸の六甲では

そんなことをやってまんねんというとへーっと感心して

もらいました。 ちょっといい気分。

そんなこんなで生ビールを2杯ほどあおると、そろそろ食事です。

同じテーブルに、このおじいさんや、私は山男ですというのが

言いたくてたまらないおじさんがいたりして、話は大盛り上がり。

しかしさすがに腹がいっぱいになると、もうこの日は

バタンキューでした。

山の夜は早い、そして朝も早い。

日の出は5時ごろ、ご来光と穂高連峰のモルゲンロートを期待して

大天井岳頂上まで登る。

だんだん明るくなってくると東側は見事な雲海。

そこから八ヶ岳や富士山が頭をのぞかせている。

Photo_9

西を見れば暗い穂高の上から

明るい朝が降ってくるように

見える。

                  

                                    

Photo_10

ご来光が射す、しかし今日は

モルゲンロートはだめなようだ。

                   

                     

                                        

しかし奥穂や槍が朝日に照らされてその威容を誇示しだす。

Photo_11

すごい貫禄です、

今度はあそこへ行きたい・・・。

サバイバルゲーム"全縦"

以前から、今度の九月にギリシャのスパルタスロンに参戦する

Kやんから六甲全山縦走往復に付き合えと言われていた。

というのは昨年、全日本山岳耐久レースに出場する為の練習

として、Mっくんと一緒にやったことがあり、今年はその三人で

やろうかと言っていたのだが、諸事情により通常のワンウェイ

コースでやることになった。

とはいえ真夏の全縦は過酷な道程である事にかわりはない。

一応イベントとして立ち上げると、物好きが9人集まった。

京都からの参加もあったので集合は7時10分。

加藤文太郎の故事にならい、スタートは塩屋。

天気は曇り、直射日光がないのはありがたいが、湿気がすごい。

山道に入り、登りが続きだすと汗が吹き出してくる。

ハイドレに3Lはかついでいるが、これに何回補給することに

なるか・・・。

旗振山、鉄拐山、おらが茶屋、栂尾山、横尾山、須磨アルプス、

東山と進んでいくが、Mさんの様子がおかしい、

ずるずる遅れ気味。

妙法寺のコンビニ前で休憩したが、高取山をやっと越え、

丸山市街から鵯越、菊水山へかかる頃には、階段の手すりに

ぶら下がってよじ登っている状態、これは無理だ。

どうにか菊水は登ったが、ここから鈴蘭台方面への下山を

お願いした。

さあ今度は鍋蓋だ、ここの登りも確実に太ももを痛めつける登り。

ここではTさんがやられる。

どうにか市ヶ原までたどり着きここでリタイヤ。

この時Mっくんも一緒に下りるとのこと。

聞くと昨日、自転車で淡一(淡路島一周)をやったらしい。

さすがの超人Mっくんも満足に下れないとの事。

いよいよ、サバイバルゲームになってきた。残るは6人。

次は摩耶山、縦走路中最大の難所だ。

稲妻坂、天狗坂の連続は確実に脚が減っていく。

今回、初めての試みでトレラン用のポールを使ってみた。

SINANOの13.6mmの120cm、重量は137g、通常の登山用のストックに

比べると半分程度の重さだ。

もちろんストックとしての規格上の強度はなく、購入する時も

体重をかけないでくださいと言われた。

しかしトレイルランナーなどある程度脚力を持っている人間が

登り用の補助としてならば十分に使える。

この摩耶山の登りも比較的楽に登れたところを見ると

六甲縦走などのようにアップダウンが多く距離があるときなどは

登りに対してはかなり有効なようだ。

ただ、両手がふさがるわけだから取り回しはかなりストレスを

感じる。そして、一番気になったのはこれを持っていると下りに

スピードを上げようとする時に、足の置き場所を探す集中力が

かなり阻害される気がする。

またポール自身に脚を引っ掛けるような気もして

すこし恐怖感を持った。

ということで使い方を考えていけばなかなか有効なアイテムでは

あるように思う。

まあこんな物を使わなくても良いぐらい脚を鍛えなさい

と言うことも出来るが・・・。

さて摩耶山の上で一人、過ぎてからアゴニー坂にかかったところで

また一人脱落、4人になった。

オテル・ド・摩耶で風呂に入って下山するんだろうなぁ、

とすこしうらやましがりながら道程を進めます。

さすがにKやんともう一人100キロサブテン狙いの

Miさんは強い。 どんどん飛ばします。

あと一人のTちゃんは練習不足だそうでなかなか苦しそうだが

がんばっています。

こっちもあんまり余裕はない。

大谷乗越を越えたあたりから脚に痙攣しそうないやな感じが

広がっている。

予防しようと思い、痙攣止めの漢方薬や小梅干を3個食べる。

これが間違いだったのか、しばらくすると左足の痙攣。

電解質の濃度が上った為に余計に脱水を助長したと思われる。

この辺まで来ると塩分と水分のバランスが大切なようだ。

結局この4人で最後まで。

給水は全部で6L、食べた物はおにぎり5個、パワージェル1個、

10秒飯1個、ソイジョイ1個、自家製小梅干5~6個、

同じく自家製蜂蜜レモンをフラスコ半分、コカコーラ1缶、

お茶500CCでした。

宝塚で軽く一杯やって解散でした。 

今度はもう少しいい季節にやりましょう。

お疲れ様でした。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ