最近のトラックバック

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

富士の裾野の紅葉台キャンプ場

今年の夏キャンプは長女と中三の息子が不参加となり、次女だけを

連れての三人行。

行き先も直前まで決まらず、いつも行っていた飛騨のカクレハへ

行くか、去年のカヤの平か、はたまたぜんぜん違うところを開拓

するか・・・。

裏富士を見たいという意見があり、それなら富士五湖あたりに

するか。

いざキャンプ場をさがしだすと富士五湖のまわりというのはすごい数

のキャンプ場がひしめいている。キャンプ場銀座ですね。

その中から、今回はわが家の一匹も参加するのでペットOKの

キャンプ場をさがす。

山中湖、河口湖はどこもいっぱいのようだ。

西湖でいくつかいけそうだ、その中から紅葉台キャンプ場に決定。

ここは、テントも張れるがバンガローが中心のキャンプ場のようだ。

今回はバンガローにしてみよう。

この紅葉台というのは西湖と富士山の間にある山の名、

秋に来れば紅葉がきれいなのかな。

朝7時、神戸発。

そういえば車で東名高速方面へ行くのは初めてだ。

いつも名神から中央道だもんね。

今回は名神から草津で新名神へ入り、亀山で東名阪、四日市から

伊勢湾岸道、豊田で東名に合流というコースで行く。

ずっと名神を走るより若干距離が短くなるようだ。

浜名湖S.Aでお昼。うなぎ弁当をいただく。

サービスエリアだから、あまり期待はしていなかったが結構うまい。

最近各地で名物S.Aをマスコミが取り上げたりしてるのを見ると

けっこうグレードが上っているのかもしれないね。

さあ富士山にだんだん近づいていくのでいつ見えるか、いつ見える

かと思いつつ走っていましたが、雲に隠れて見えませんでした。

高速を下りて富士の裾野を走っていても雲にすっぽり覆われて

見えません。

今晩はBBQなので、道の駅朝霧高原へ寄り、野菜などを仕入れる。

キャンプ場へ到着。

Photo_3 

さすがに金曜日なので

他には誰もいない。

                                                

こりゃ静かでええわいと思いながらバンガローに荷物を運び込む。

Photo_4Photo

なかなか手入れの行き届いているバンガローだ。

紅葉台の麓の斜面を利用してバンガローが点在している。

Photo_2

こじんまりしたキャンプ場だが、

トイレなどもきれいし、掃除も

欠かしてないようだ。

                                                

備品の品揃えもすごい、手ぶらで来てもキャンプできそうなくらい

何でもそろっている。

管理人さんはアウトドア大好きおじさんのようだし、若いスタッフ

たちもきびきびしていて気持ちがいい。

これはいいキャンプ場だ。

Photo_5

キャンプ場前、西湖の景色。

ただ紅葉台に隠れてしまって

富士山が直接見えないのが

ちょっと残念。

少し夕立があり作り付けの机やベンチも濡れてしまっているので

バンガローのベランダでバーベキューだ。

裸足でうろうろ出来るし、なかなか気持ちがいい。

それとこのキャンプ場、何故か蚊やアブなどの咬む虫がぜんぜん

いない。管理人さんの言でも、戸や窓を開けっ放しで寝ていても

大丈夫ですよとのこと。 どうしてだろうね。

ランタンに蛾が2~3回よってきたぐらいでした。

あくる日は簡単に朝食後ガスが出ないうちに富士見物。

Photo_6

まずは西湖の反対側へ

回り西湖越しの富士山。

                    

                         

Photo_7

さらに精進湖ごしの

子抱き富士。          

                      

                               

                                                

Photo_8

一番美しいといわれる

本栖湖からの富士山。

                      

                        

今日は河口湖、山中湖方面へも出かける。

このあたりはペットと一緒に行動する人が多いのか、

ペットOKのレストラン、喫茶店などがたくさんある。

そんななかのひとつ、川口湖畔、地中海食堂perroでお昼。

スペイン料理ということですが、生ハムやトマトのパスタ

りんごのピザ、コロッケなどをいただく。

美味しいです。

おまけにペット用のメニューまであったりする。

”わんこのシチュー”だって・・・。

和菓子を探しに富士吉田の金多゛留満本店へ。

狙っていた富士山せんべいは残念ながら無く、富士山羊羹

になってしまいました。

そして山中湖へ行く途中忍野八海へ。

Photo_9 

ここは富士山の伏流水が

湧き出るところ。

                  

                      

次は山中湖花の都公園

Ohanabatake

観光地はどこも

すごい人ですね。

人だらけでちょっと

嫌になってしまいました。

風呂へ行って帰ろう。

山中湖温泉紅富士の湯でさっぱり。

今晩は山梨名物、ほうとうで鍋。

Photo_10

材料を仕入れに道の駅鳴沢へ。

ここから見た富士山です。

赤富士とまでは行かないですが、

夕日に照らされ、少し赤くなって、

影が出来て尾根や沢がはっきり

わかる。

さてキャンプ場で鍋を食べていると広場でキャンプファイヤが

始まった。

♪燃えろよ燃えろよ、炎よ燃えろ・・・♪

と歌いだしたのはいいですが、キャンプファイヤらしく

火を囲んでいたのはこの一曲だけで、あとは訳の

わからないだしもので時が過ぎていく。

焚き火も、もほったらかしで、キャンプ場のスタッフが

寂しそうに火の番をしていた。

懐かしくてちょっと期待していたのですが、がっかり。

関西であれば多少お笑い系に走ったりもするのですが

それも無く、酔っ払いが騒ぐことも無く、たんたんと

終わってしまった。

皆さん、お行儀がいいようですね。

さてあくる朝は、まずは西湖の周りをランニング、さすが

涼しくて気持ちよく走れます。

アスファルト上には距離表示が書いてあるのですが、

たぶんいろいろな大会が行われていて、何種類もの表示が

あって、どれがどれかわかりません。

自分の走るスピードから類推してチェックしていたのですが

最期までわけわかりませんでした。

朝食のあと、撤退片付け。

バンガローだとこれも楽ですね。

帰りがてら、近くの青木ヶ原の樹海ものぞいてみる。

野鳥の森公園の駐車場に車を止めハイキング道へ

入っていく。

溶岩の上に樹海が広がっているのがよくわかる。

いたるところに溶岩の割れ目や洞窟のような物も目に付く。

けど空気がよどんでいてすごく蒸し暑い。

小さな滝を見て早々に引き上げる。

駐車場に出てくるとランナーの団体が集合している。

トレイルランナーと普通のランナーが半々くらい。

青木ヶ原樹海マラニックとでも言ったイベントですかね。

でもここではあんまり距離は取れないと思うけど・・・。

ここを出て白糸の滝も見に行こうとしたが、駐車場の

行列を見て、断念。

休日はどこでも行列なんですね。

行きしに寄って置けばよかったと反省。

ということで往路と同じ道をたどりながら帰る。

富士山も一生に一度は登りに行かないといけないなぁ。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ