最近のトラックバック

« 富士の裾野の紅葉台キャンプ場 | トップページ | 鉄鍋遊び »

秋の気配

もう10月ですね、秋ですね、でも紅葉にはちょっと早い、

その気配を求めて信州へ行ってきた。

実は、斑尾高原で開かれるトレイルランニングレース 

Madarao Forest Trails 50kmにエントリーしていたので、

これに引っ掛けての信州行でした。

まず目指したのは志賀高原、いわずと知れた東洋の

サンモリッツといわれるスキーのメッカです。

若かりし学生時代以来、スキーでは数知れず訪れている。

ここはグリーンシーズンも数多くの池のまわりには湿原も広がり

植物も多彩なすばらしいトレッキングコースが網の目のように

はりめぐらされています。

その中で、有名な草津温泉へ向かう途中にある横手山を目指す。

ここは志賀高原の最高峰であり、美しい樹氷でも有名なところ、

そして日本一高いところにあるパン屋さんでも知られています。

駐車場からスカイレータとPhoto_2

リフトであっという間に山頂へ。

                               

                                

                             

Photo_5

横手山山頂ヒュッテ、これがそのパン屋さんです。

                                Photo_13

 

Photo_7

山頂から広がる妙高や南アルプスの絶景を見ながら、

ボルシチとパンをいただく。 至福の時ですな。

                        

                          

Photo_6

                              

                                 

                              

何もかも35年前に来た時より立派にきれいになっていますね。

あたりまえか・・・。

志賀高原の美を眺めながら斑尾へ向かいます。 Photo_14

熊の湯近くのほたる温泉の源泉、平床大噴泉

                              

                               

                              

Photo_8

美しい白樺林

                               

                             

                             

Photo_9

一沼は色づきかけています。

                                  

                               

                               

なかなか前へ進みませんが、今日中にレース受付、コース説明

があるので早々に斑尾へ向かう。

このレースはラントレ関西からも多数出場するし、ボランティア

の参加も多く、5Aと呼ばれる第五エイドはラントレ関西の担当

のようだ。 これは楽しみ。

会場へ到着するとすでに知った顔がうろうろしている。

久しぶりに見る顔もあり、気持ちも盛り上がってくる。

そうこうする内、夕食代わりの前夜祭。

料理は明日のレースの燃料ですから炭水化物系、焼そば、

パスタなどがたっぷり、量で文句は言わせないぞの気合が

感じられる。

みんなうまかったなぁ、特に信州サーモンでしたね。

ビールやワインもたっぷり、しかしさすがに泥酔する奴は

いません。

あまった物を少しいただいて帰りましたが・・・。

ペンションに戻りましたが、寝るだけでは少しさみしいので

広間でテレビを見ておられたオーナーの奥様の所へ

お邪魔していろいろ話をうかがいました。

スキー人口の減少によってペンションの経営も大変なようです。

確かに閉めてしまって使われていないペンションも数多く

見受けられるし、だから信越五岳や今回の斑尾のような

トレイルランニングに対する期待はかなりあるようですね。

またカルチャー的な話もうかがい、創作人形作家の

高橋まゆみさんを応援されているようで、近くにある彼女の

人形館を紹介されました。

ちなみに彼女は「徹子の部屋」にも出演されたそうです。

田舎のおばあちゃんのごく日常の表情がいきいきと

描かれていて

印象的でした。

さて当日、50キロのスタートは6時30分、

私は今回はいろいろ寄道

するつもりで15キロにエントリー、こっちは7時30分。

5時30分から昨日と同じ会場で朝食をいただく。

50キロのスタートがせまってくる。

だんだん緊張感がただよいだす。

山のレースではこの緊張感とともに、どんなトレイルかな、

どんな絶景が見れるのかな、

どんな森を走れるのかな、というワクワク感がみんなの顔に出てきて50k

結構にこにこしている。 これがいいですね。

50Kスタート。

1時間してこっちもスタートです。

実は最近腰痛がひどく2~3週間まったく走っていない。

走れるかどうかもわからなかったが、何とか行けるようだ。

15キロだとさすがにみんな一生懸命走ります。

トップのペースも速い。

写真を撮りながらのんびり行こうかとも思っていましたが

やっぱりあおられぎみに頑張って走ってしまいました。

走れることは走れるがなんかの拍子に急に足の力が

抜けることがある。

やっぱり普通じゃない感じだ・・・。

でも3年前にも見たブナの森のトレイルはやっぱり最高です。

ふかふかの腐葉土の道、裸足でも走れそうだ。Photo_10

希望湖に出た。

                               

                               

                            

いつまでも走っていたいと思っていると5Aのエイドだ。

ほんとにラントレ関西だらけ、これはいい、TMっちゃんと

ひと言ふた言、話してスポドリをいただいて早々に

通過しましたが、テンションは上がります。

あっという間にゴール。

やはり15キロではここはすこし物足りないですね。

50キロの連中のゴールはまだまだ先なので、

申し訳ないけどお先に失礼します。

斑尾高原ホテルで汗を流し、近くで見つけた蕎麦屋さんへ。

水蕎麦だって。Photo_12 

氷の入った水の中に蕎麦が泳いでます。

蕎麦の味だけを楽しんでくださいとのこと。

ちょっとパフォーマンス的な感じもしますね。

もう少したってから新蕎麦でいただけば香りも

良くてもっとうまかったかもね。

でも地野菜のてんぷらも美味しく蕎麦ともよくあっていました。

さて以前から行きたかった松代の町へ・・・。  

                       (つづく)

« 富士の裾野の紅葉台キャンプ場 | トップページ | 鉄鍋遊び »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、
この季節、信州はいいですね。

斑尾組の報告聞くたびに
行ってみたいな と思います。

山岳ガイドみたいに
トレイルランニングガイドみたいなが
現地であればいいな~

氷そば・・・確かにやりすぎな感じはするけど、そばの香りを純粋に楽しむことはできそうですねえ。
ただ、僕はやっぱり出汁がないと駄目です!

ぴんさん
その通りだと思います。
もう少し後で新そばの季節にこれをいただけば、香り高い水そばを味わえたかなと少し残念に思っています。
もう一度紅葉を見に来ようかな。

みやじゅんさん
斑尾はほんといいですよ。
信州といえばアルプスですし、高山へ走りに行くランナーもいますが、トレイルランナーが一番似合うのは森の中かなと思います。
斑尾をはじめとする信越トレイルはそういう意味では極上のトレランフィールドです。
まずは出かけてみてください。地図片手にトレッキングでもいいです。
是非是非…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/49694370

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の気配:

« 富士の裾野の紅葉台キャンプ場 | トップページ | 鉄鍋遊び »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ