最近のトラックバック

« ポンポン山 | トップページ | 悲しいね »

春満喫 吉野山

春ですね~。

アウトドアの季節ですね~。(冬でもやってるけど)

わが棲家は神戸の岡本。

古来より梅の名所として知られ、「梅は岡本、桜は吉野、

みかん紀の国、栗丹波」と言われるほどだったそうな。

紀州や丹波は結構うろついているのに、

吉野だけは行った事がない。

もともと滋賀の霊仙山へ行く予定でしたが、

天候が今ひとつなので桜を狙っての吉野行ということになった。

なぜか北アルプスの燕岳に反応して突然行きたいと言い出した

次女の足慣らしを兼ねてという事情もあったのですが・・・。

車で麓の駐車場まで行き、そこからはシャトルバスで

下の千本まで。

Photo

下の千本

ロープウェイもありますが、

せっかくですので谷道を

歩いて上ります。     

                                    

はでなソメイヨシノの満開と違って、山桜がこれだけ

そろっているのは、やはり吉野ならではですね。

これが日本古来の桜なんでしょう。趣のある桜です。

中の千本

Photo_2

中の千本から上の千本へ

上る途中に如意輪寺がある。

後醍醐天皇の勅願時だそうで

すぐ近くには後醍醐天皇陵。

                                        

建武の親政の失敗の後、吉野に南朝をたてた後醍醐でしたが、

崩御するまで京都に帰ることを切望していた彼は、病床の中で

「身はたとへ南山の苔に埋むるとも

            魂魄は常に北闕の天を望まん」

と詠んでいます。

Photo_3

そして歴代天皇陵はすべて

南を向いているがここ

塔尾陵だけは京都のある

北を向いています。

                                   

ほんと激しく、しぶとい性格の天皇さんだったようですね。

さて上の千本まで上って、下と中の千本を眼下に一望すると圧巻。

Photo_4

まさに桜は吉野と呼ばれる

所以ですね。

                           

                            

                                          

さて帰りはメインストリートを歩き、神社仏閣の観光と

おみやげ探し、そして買い食いです。

Photo_5

吉野水分神社

                                

                              

                              

Photo_6  

竹林院

                            

                             

                            

Photo_7  

桜本坊

ここで、この人を

見つけました。

どこにでも出てくる

役の行者さん。                      

というか熊野本宮からここ吉野までは大峰奥駆道といって

彼が修行を行なった修験道の大本山です。

Photo_8  
吉野葛を使った葛餅を

食べながら、吉野の地酒を

物色し、豆腐ドーナツが

結構いけてたり、並んでいる

お土産屋さんも昔ながらの

雰囲気だし、すごく楽しいだらだら歩きでした。

Photo_9

金峯山寺蔵王堂

この日は吉野山に

響き渡る音が

聞こえていました。

                                       

いろいろなコンサートがここで開かれていたようです。                                              

ということで、さすが吉野でした。

古くは修験道の聖地であり、南北朝では南の都ですし、

おいしそうなところが山ほどありました。

全部書いているときりがないので今回は

このくらいにしておきます。

« ポンポン山 | トップページ | 悲しいね »

」カテゴリの記事

コメント

吉野はシーズンオフに行ったことがありますが、桜の季節は混雑が嫌で行ったことがないというへそ曲がりです。coldsweats01ソメイヨシノとちがって山桜は色も濃くて私は好きです。写真でしか見たことがありませんが、さぞかしきれいなんでしょうね。cherryblossom後醍醐天皇がなぜに南朝をここに置いたのか知りませんが、桜に魅かれて…と言われても「さもありなん。」と思ってしまいそうですね。shine

たいしょうさん
私もおんなじ感覚でした。人ごみを想像してしまって今まで行けなかったような気がします。
今回はそれなりに人はいましたけど天気が悪かったこともあり、わりとすいていたような気がします。
今でこそ吉野も行きやすいですけど後醍醐の当時としてははっきり言って山奥です。南北朝といって対立している感じですが尊氏に追われて息もたえだえというのがほんとのところではないでしょうか。
そしてそれを滅ぼせなかった室町幕府の力のなさも感じますね。
でも今の吉野はいい所だと思います。

 くす(^^)
私は、4/17に登ってました。
もしかしたら、すれ違っていたのかもしれません

あはは、そうだったんですか。
これからはすれ違ったら絶対わかりますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/51438350

この記事へのトラックバック一覧です: 春満喫 吉野山:

« ポンポン山 | トップページ | 悲しいね »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ