最近のトラックバック

« 六甲白石谷の失敗とリベンジ | トップページ | 雪の堂満ルンゼ »

大月地獄谷から掬星台で予定変更

ここのところ神戸マラソンに向けてロードを走ってばかりでした。

久しぶりに六甲山へ。

ルートは大月地獄谷から登り、山上道路を西へ、掬星台から

地蔵谷を下り縦走路をさらに西へ、七三峠方面から五宮神社へ

下るつもり。

でしたが、この予定は大幅に変更になりました。

まずは住吉川を北上、渦が森橋から住吉霊園方面へ。

大月地獄谷は六甲でも屈指の難所といわれている。

最初から取付きもわかりにくい。

かすかな踏み跡を見ながら沢を登る。

Photo


今日はトレランシューズなのでジャブジャブ行くわけにもいかず、

水面からのぞく石の上をぴょんぴょんたどっていく。

なかなかいい雰囲気だ。

2


この谷には大きな滝は無いみたいですね、

堰堤はしっかりあるけど。

Photo_6


巨大な堰堤です。

何か所かこんなものも出てくる。

Photo_2


救助ポイントだって、難所だから?

Photo_3

沢に別れを告げると天狗岩の東の尾根に乗る。

Photo_4


こんなことが書いてある。

確かに迷いそうな道でした。

沢を歩くと最後は急登ですね。

踏み跡を見ながら尾根をはずさないように登る、きつい。

Photo_5


それに伐採された木がそのまま放置されていて

歩きにくいことこの上ない。

汗だくで天狗岩へ出た。 

一気に展望が開ける。風が気持ちいい。

Photo_7


岩陰に先客さんがおふたり。こっちも腹ごしらえだ。

湯をわかしてインスタントの味噌汁とおにぎりをぱくつく。

食べながら表六甲の景色を見ていると

やはり今年の紅葉はいまひとつ。

少し寒くなってきた。早々に出発。

ゴルフ場で縦走路へ出て西へ走る。

今日はトレイルランナーを見かけない。

この時刻であれば縦走やってるやつに何人も会うのに・・・、

いい季節なのにもったいないね。

掬星台に到着、景色でも見ようとうろうろしていると、

最近入った山の会のメンバーのてでぃさんに遭遇。

ブログのお仲間さんとの2人行で摩耶東谷から上がってきて、

偶然会ったお友達と三人で大宴会をしていたらしい。

かなり出来上がっているご様子。

これから長峰山へ行くとのこと、同行を勧められたので

ご一緒することにする。

最近の山行はこっちがキャンセル続きで行けてなかったので

いい機会だ、ご一緒して下りてから一杯やることに。

別行動で六甲に入っていた嫁も呼び出す。

紅葉谷にいたらしく、有馬へ下りて電車で来るとのこと。

こちらも動き出す、縦走路を東へ、杣谷への入口から長峰を目指す。

その前にシェール槍へ登ろうと穂高湖へ。

シェール道は今年も黄色のトンネル

Photo_8


シェール槍の頂上からの眺めはすばらしい。

そんなに高い山ではないですが、360度の展望、

摩耶山の北側の山々が一望のもと、今は黄色がきれいです。

ただ赤が少ない、もみじの発色がだめなようですね。

茶色く枯れたような色です。

穂高湖

Photo_9

新穂高とその右はシェール道の谷ですね。


Photo_10

今日は静かな穂高湖

Photo_11

しかしてでぃさんはあんだけ飲んでるのに足が速い。

すたすたと歩かれます。

長峰山頂上へ到着、ここは天狗塚とも呼ばれる。

今日は天狗に始まり天狗に終わる日になった。

てでぃさんのブログ仲間の元さんが先ほどの残りのこいつを

ご馳走してくれました、うま~い。

Photo_12


てでぃさんにはコーヒーをいただく、もらってばかりですみません。

Photo_13


そろそろ夕暮れ、西の空がオレンジがかってきた。

さあ、降りよう。

どうもせかしてしまったようで、みなさんすごい勢いで

降りてしまいました。

飲み屋が開いているか心配になるくらい。

嫁も合流していよいよ始まりました。

山が好き、酒が好き、をそのまま現しているようなお2人でした。

強い、強い、またまた飲み過ごしてしまったようです。

記憶をどっかへ落としてきました。

« 六甲白石谷の失敗とリベンジ | トップページ | 雪の堂満ルンゼ »

」カテゴリの記事

コメント

ジャンパパさん、予定を変更していただいてまで、お付き合い頂き、ありがとうございました、おまけにママさんまでお呼びいただいて、夜遅くまでの一杯は、楽しかったです(^^
次週は泊まりですので、とことん飲めそうなので、楽しみにしておりますよ(^^)v
しかし、この日は、いろんな方と出会って、素敵な一日でしたよ~♪♪

てでぃさん
やっと飲めましたね、それも長い時間、たっぷりと・・・。
いろんなお話も聞けてすごく楽しかったです、ありがとうございました、。
これからもよろしくお願いします。
次は次週ですね、二日酔いで歩けなくならないようにしなければ。

ありがとうございました!!
おかげで とても楽しい1日を過ごせました
ランは全然ダメですが またごいっしょできる日を楽しみにしております
ママさんと(笑)

げんさん
初めてお会いしたばかりなのに、遅くまでお付き合いいただき、
ありがとうございました。
またお付き合いください。
私もランニングのスイッチが入っていないときはゆっくり歩きますので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218659/53367227

この記事へのトラックバック一覧です: 大月地獄谷から掬星台で予定変更:

« 六甲白石谷の失敗とリベンジ | トップページ | 雪の堂満ルンゼ »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ