最近のトラックバック

« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年3月

KTB杯 神戸フォトロゲ

告知です。

神戸でロゲイニングを開催します。

ロゲイニングは普通、山の中にポイントを設置して

行いますが今回は神戸市内の東灘区から兵庫区まで

をフィールドとして行います。

街中にポイントを設定します。

それは史跡であったり石碑であったり

オブジェであったり、店の看板かもしれません。

街中に普通に存在するものを選びます。

遠いもの、わかりにくいものは点数が

高くなります。

有名なもの、すぐ目に付くものなどは

低くなります。

たまにはそうでないボーナスポイントも

あるかもしれません。

そのポイントの位置と点数を神戸の地図に

落とし込んで当日のスタート前に配ります。

またあらかじめ撮っておいたポイントの写真の

一覧も同時に配ります。

地図とその写真をたよりにポイントを

探しだしていくゲームです。

配られた写真と同じアングルで写真を

撮ってきてもらい、ゴール後に

その写真をチェックして得点とします。

RUN&WALKでの移動に加えて

JRもしくは阪急電車の利用も

有りにしようかと思っています。

チーム(2~5名)での競技とします。

思いっきり走り回って高得点をねらうのもよし、

子供たちと一緒に宝探しの感覚で遊ぶのもよし、

マンネリ気味のカップルへの刺激剤としてもよし、

神戸三兄弟が厳選したコアなポイントを楽しんでください。

日時;5月27日(日)

  9:45  受付開始  

      神戸まちづくり会館3F多目的室
      (元町商店街4丁目)
            参加費をお願いします。

10:05  概要説明    注意事項等。  

10:15  地図配布  作戦タイム

10:30  スタート  競技時間 4時間

14:30  ゴール   

       この時間までにゴールして下さい。
       1分超過ごとに何点かの減点を
       課していきます。

15:00  競技打切り 遅刻は30分まで、
       以降は失格とします。

16:00  結果発表

受付場所の神戸まちづくり会館3F多目的室は

そのまま荷物置場とします。

競技中の荷物は置いておいてください。

ゴール後は結果発表まで近くの銭湯「つかさ湯」

にて入浴などどうぞ。

用意するもの
走りやすい、または歩きやすい服装で

お願いします。

帽子、サングラス、手袋、ジャケットなども

気温、天候により適宜判断ください。

行動食、水分は各自で用意してください。

街中ですからいつでも買うことはできますが。

神戸ですから南北はすぐわかると思いますが

必要と思われる方はコンパスなども・・・。

腕時計、筆記用具、デジタルカメラ、

携帯電話(代表者)

また事務費用等実費を参加費として

300~500円程度(後日決定)御用意ください。

興味ある方は楽ランのHP、または

mixiのコミュニティ「ラン&トレイルランニング関西」を

ご参照ください。

KOTBで廣峯ロゲイニング

久しぶりにロゲイニングに参加した。

今年は箕面のロゲインが開催されなかった。

理由はわかりませんが、ある限られた山の中にかなりの

人数が入って競技を行うというのは、やはりいろいろ問題が

出てくるのでしょう。

面白い競技であるし、最近かなり広がりも見せているので

これからはやり方を考えて行かなくちゃね。

今回は姫路の広峰山。

廣峯神社の周辺で行われた。

このあたりをフィールドにしているアドベンチャーレーサーの

人たちが主催です。

最近アドベンチャーレースを志向しているもっくんの

お誘いでした。

わがチーム名は KOBE OBAKA THREE BROTHERS

いつもの三人です。

集合場所の廣峯神社の駐車場に到着。

Photo

若干気がかりは空模様、ときどきぽつぽつしている。

ガスも出てきた、濃霧注意報も出ている。

Photo_2

Photo_3

参道の大鳥居、なかなか立派です。

廣峯神社は天平年間にもその名が見受けられるほど

古くから信仰された神社です。



Photo_4

天平の時代、唐より帰国した吉備真備がこのあたりを

通った時に神威を感じ、時の聖武天皇に報告、

翌年、今の奥の院にあたる白幣山に創建。

さらに後年、現在の位置に遷座し、今に至ります。

稲作の豊饒を願う広峯信仰が盛んになり、農業の神として

崇拝されてきました。

面白いのは京都の八坂神社に分祠したという説があり

どちらが本社?という争いが古くから続いており

今もなおくすぶり続けているそうです。


Photo_5

瓦葺の拝殿


Photo_6

檜皮葺の本殿。

今年になって、祭りのとき、火渡り式の火の粉が屋根に燃え移り、

危うく国の重要文化財を失うところだったそうな。

祭りに火は付きものだし、難しいところですね。

さてさて、スタートが近づきます。

15分前から地図が配られます。

山の地図の中に○と数字が書き込んであります。

○がポイントの位置、数字が得点です。

三十数か所に20~110点が設定されています。

全部取れば2000点。

遠いところ、高いところ、見つけにくいところは当然点数が

高くなります。

自分やチームの走力を考えながらどういう順番でどのあたりを

狙っていくか、戦略を立てます。

今回見たところ、西側の一番遠いところに

110点の高得点があるが、そのまわりの

ポイントの点数や、距離を考えて、

西半分を捨てることにする。

中央を北上し、東回りで南下して戻ってきてゴールへ

という作戦でスタート。

走れ!走れ!

Photo_7

とはいえトップを走る三男は萩往還や奥熊野や鯖街道

など山の長距離を走りまわっている猛者。

二番手も練習もあんまりせんくせにフルを

3時間そこそこで走るランナー、

少し腰の具合が悪そうですが・・・。

この二人について行くのはかなり辛い。



Photo_9

今回はフォトロゲなので、あらかじめ決められたアングルで

写真を撮ってくればポイントゲット。


Photo_8

さて次は・・・。


Photo_10

ゴール近くにけっこう立派な梅園があった。

上品な香りがただよっています。

ちょっとほっとしますね。

そろそろ制限時間の三時間がせまってきた。

オーバーすると1分につき100点の減点。

苦労してとったポイントが吹っ飛んでいきます。

Photo_11

ゴール後は写真をチェックして得点を確定します。

結果は976点で3位入賞でした。

今まで良いところまでいったのに数点で4位に甘んじたのが

2回も続いていたのでこの入賞はうれしかった。

この後は神戸のロゲイニングの宣伝などもさせてもらい

終了となりました。

姫路で銭湯を見つけてさっぱりしてから神戸まで戻り

毎度のことながら三人でおバカぶりを発揮してから

解散でした。

やはり走力が落ちているのを痛感、気候も良くなってきたし

もう少し六甲も走ろうかな。

ABC篠山マラソン

今年も篠山マラソンを走った。

初フルこそ、ここではなかったけれど篠山でマラソンを

覚えていった気がする。

モチベーションが高かったのは福知山のほうだが、たいてい

入れ込みすぎで失敗することが多かったような・・・。

だからベストが出るのはいつも力が適当に抜けた篠山でした。

そんな相性もあるし、篠山という地域自体のファンでもあるので、

篠山マラソンはできるだけ走りたいマラソンです。

ただ今はやりの都市型マラソンのように制限時間が7時間

というような大会ではなく5時間ほどでゴールしなければ

ならない。

最近の走行距離からすればそろそろ微妙なタイムに

なってきている。

もちろんオーバーペースはタブー、

下手をすれば途中棄権もありうる。

かといってあまりにゆっくりだと関門に引っかかる。

うまく走らないとゴールできない。

朝六時過ぎに出発、7時過ぎには到着し、

まあまあ会場に近い駐車場に入れた。

とりあえず受付を済まそうと会場へ向かう。

今日は寒い・・・。おまけに天気が心配だ。

昨日の天気予報では夕方から雨ということだったので

安心していたが会場で聞くと天気の崩れが早くなって

いるようだ、昼から雨らしい。気分はどんより。

車に戻り身支度を始める。

だささで有名な参加賞のTシャツは今年はちょっとましなよう。

ゼッケンと計測用のチップを付けるとすこしぶらぶら散策。

小西の黒豆パンが開いていたら土産にしようと

思っていたが、本日マラソンにつき、開店が10時だと。

選手には買わさないということか?

仕方が無いので別の店で買いましたが、

やはりもうひとつだった。

そろそろ荷物を預けてスタート地点に向かう。

まずは10時40分に登録の部のスタート、

10分遅れて未登録の部。

ゴールの制限時間は5時間10分、つまりゴールは16時まで。

でも本当に厳しいのは36.3キロの関門、

ここの閉鎖が15時10分、ここで毎年数々のドラマが生まれる。

ABCでは芸人や素人さんなどに密着して放送していますが、

ここを通過できるかどうかを、大きなテーマにしている。

ここをクリアできれば後は少々歩いてもゴールできる。

今年は普通に走れば大丈夫とは思っているが、

何かあった時には一番に気にしなければならない関門です。

序盤はとにかく足のばねを使わないようにだけ心がけて走る。

足を使うな、足を使うなと唱えながら進む。

スタートからしばらくは市街地なので応援も多くにぎやか。

しかししばらくするとパラパラしてきた。

えぇ~っ、もう?雪であればまだいいのですが

この寒さで雨はかなわん。

凍えるレースになるようだ。

薄いジャケットですが持っていて正解。

スタートから会場より西方面をうろうろした後、

東に向かいだすところに西紀中学があります。 

毎年ここでブラスバンド部が演奏で応援してくれている

のですが今年は雨のせいか、生徒たちが並んで

声をかけて応援しているだけ。

ちょっとがっくり、今年も「負けないで」を聞きたかった。

もう少し先には篠山鳳鳴高校がある。

ここもブラバンの演奏、いつもの「ランナー」が聞けた。 

音楽の応援、いいですなぁ~。

この辺はだんだら登りが続く、

やはり足を使うなのお題目を唱えて進む。

しばらく田舎道です。

そろそろ24キロ地点、しし汁のエイドがあるはずだが

飲み物しか置いてない。

どうやら売り切れのようです。

4時間台後半ぐらいのゴール予定のランナーには

あたらないようですな。

食べ物の少ない篠山マラソンですが、

せめて一番の売りのしし汁ぐらい、ちゃんと

人数分欲しいですな。

もうひとつのしし汁エイドに期待しよう。

この辺から折り返してきたランナーとの対面通行になる。

楽ランの連中とも何人かすれ違う。

こういうのは力になります。

しし汁が見えてきた、ここは折り返してきた後の

エイドですが、ここもきっと売り切れになると思うので

今のうちにいただいてしまう。

寒い雨で冷え切った体には何よりのご馳走でした。

しかしこの道は強くは無いがずっと向かい風、

濡れた体がどんどん冷えていく。

手もかじかむし、はおっているジャケットの中まで

びしょびしょ、寒いぃぃぃぃ。

やっと折り返し、追い風になって少しましになるが、

そろそろ足にきだしている。

最終の例のエイドは大丈夫なようだが、終盤ペースを

上げてやろうと思っていたができるかな?

その前に楽ランの私設エイドが34キロ地点にあるはず、

そこでエネルギー補給して気持ちも立て直そう。

しし汁エイドが近づいてきた、

おっ、まだ食べてるやつがいる。

まだあるのかと一瞬喜んだが、

なんと最後の一杯だったようです。

往きしに食べておいて大正解でした。

そして楽ランエイドに到着、さすがにこの時間になると

あんまり残ってないね。

でもちゃんとジャンさんを待っててくれたよ。 ごちそうさん!

気持ちも切り替えてラストがんばろう。

あと8キロ、エイドとしては絶妙の位置ですね。

すこしペースも上げ、といっても知れてるけど・・・、

リズムで押していく。

この辺になるともう半分以上歩いているやつがいるから、

走ってさえいればごぼう抜き状態。

たぶんこの数キロで順位は何百番かは上がったでしょう。

そしてようやくゴールです。

ネット4時間46分、ほとんど練習していない今としては

上出来のタイムでした。

結構練習していた神戸の時よりもタイムとしては上。

突っ込んで撃沈より、やっぱりイーブンペースが

速いということですな。

こんな走り方ならもうしばらくやれそうな

自信もできたような・・・。

でもやっぱりもう少し練習だけはしないとね。

しかしゴールの後、そのままずぶぬれの体で

しし汁コーナーに並んでいる人がいっぱいいたけど、

あったまるより先に風邪ひいちゃうよ。

こっちはさっさと荷物を取りにいって車へ引き上げ

着替える。

天気がよければ篠山ファンとしては、

少しぶらぶらしたいけど

こんな天気だし、今日はさっさと帰ろう。

写真がなくてすみません。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ